人気ブログランキング |
ブログトップ

Black Fantom

fantomblac.exblog.jp

2足歩行ロボットブログ 

金属部品の塗装にはグンゼの金属用プライマーを使っていたが、イマイチ効果が分からなく、気休め程度。。。と言った感じだったので、金属への塗装は極力控えていた。

先日ホームセンターで見つけた染めQのミッチャクロン。
c0207113_23431486.jpg

ネットでの評価が高かった事を思い出して試してみることに。

塗ったのはM4のマガジン。
c0207113_23431464.jpg

マスキングするより分解した方が簡単だが、分解にはイタズラ防止ネジ用の工具が必要だった。

ミッチャクロンを塗ってシルバー塗装。
c0207113_23431520.jpg

その後 インディのコヨーテタンで上塗り。
c0207113_07442591.jpg

完成!
c0207113_08430915.jpg

マガジンは面積が大きいので、色を塗るとだいぶイメージが変わる。

塗膜の方は爪で引っ掻いたくらいでは剥がれない。
ミッチャクロンの効果は高そうだ。


# by fantomblack | 2018-07-15 22:31 | M4系 | Comments(0)
M93Rは純正のニッケル水素バッテリーを使っていた。
純正はコネクターバッテリーが一体式で交換が非常に簡単。

しかし レスポンスがイマイチ。。。
そこでお約束のリポ化をすることにした。

バッテリーはロボットでも使っているハイペリオン。
c0207113_21142130.jpg

550m これで何回ゲームができるか?

このリポに社外品のハンドガン用のコネクターを取り付ける。

そのままハンダで線を繋いでも良いが、スマートにしたいのでコネクターを分解して接点金具に直接繋ぐことにした。
c0207113_21142297.jpg

最初に付いていた線を外して、リポの線をハンダ付け。
金具が剥き出しになるのでショートに注意。

完成。
c0207113_21142215.jpg

充電器側のコネクターは純正の充電器から流用した。

これで純正バッテリーとほぼ同じように着脱が可能。

レスポンスの方も希望通り早くなった。



# by fantomblack | 2018-07-12 08:50 | オート9 | Comments(0)
前回の室内戦で 度々弾道が乱れていたオート9。
まっすぐに飛ぶが上下が乱れる。

スタビライザーに固定されているアウターバレルとインナーバレルは接合しない状態だったので、射撃の時にお互いの中心がズレる時があるのかもしれない。。。
弾がアウターバレルの内側に触ってる可能性がありそうだ。

そこでアウターバレルを作り直してインナーバレルとハマるようにした。
c0207113_18221608.jpg

インナーバレルがアウターバレルに数ミリしっかり入り込むようにした。
アウターバレルとスタビライザーは寸法出しをやり直して接着。
c0207113_18221693.jpg

芯が通って これなら大丈夫だろう。

給弾不良があったので社外品のチャンバーゴムはノーマルへ戻す。

ここまできたらメカボックスにも手を入れてメインアームにできるくらいの性能を目指そう。



# by fantomblack | 2018-07-11 18:11 | オート9 | Comments(0)
倉庫に使っている建物をいよいよリフォームする時期になったので、倉庫に置いてあるオモチャを収納するためにガレージに物置を設置した。
c0207113_12354311.jpg

ヨドコウ製。

いつも使っているダンボールが20個以上入る。
この物置の他にダンボール10個分のスペースを確保したので合計30個の段ボールが収納できる。

しかし。。。
c0207113_12354349.jpg

c0207113_12354424.jpg

実際はかなりの量があるので30個分の段ボールでは到底足りない。

ここに入らない物は処分するしかないな。





# by fantomblack | 2018-07-04 08:47 | 玩具 | Comments(0)
エンジンバギーの王様 タケカワスペシャル!

久しぶりに倉庫整理をして存在を確認した。

竹川スペシャル85
c0207113_18083914.jpg

CRC-666の効果でサビも無く一安心。

タイヤも密封していたので新品状態。
画像ではメカボックスの蓋をナイロンバンドで止めているが、当時の輪ゴム?も健在。
ボディも説明書も変化は無かった。

ランドジャンプ 竹川コンパージョン
c0207113_17542789.jpg

この車両は、サスアームや駆動系はランドジャンプそのままに、ボディをポリカ製に換装して低重心化を狙ったコンバージョンキット。

シャシーフレームとダンパーマウントのコンバージョンキットだが、それでも高価だった。

シャフトドライブのインファーノタケスペ
c0207113_01045698.jpg

インファーノというよりターボバーンズに近い感じ。
MRE製のトルクロッドとカーボンメカプレートを装着。
シャシーにハードアルマイトを施している。

自分的に歴代最強の竹川スペシャルがコレ。
c0207113_01045787.jpg

駆動系の一部に無限精機のスポルト用パーツが使われているが、ほとんどのパーツを竹川製作所で作られた「世界戦用」のタケスペ。

スポルト用に足回りだけのコンバージョンキットもあったようだが、この車両は組み立て済みの完成品状態でリリースされていた。
サスアームはもちろん、シャシーやバルクヘッド、サーボマウントまで削り出し(切り出し?)のオリジナル。

発売当時は受注生産だったので生産数も少なく、ネット検索でも引っかからないので、未走行で現存する個体は非常に少ないと思う。(実物も画像も自分のこの車両しか見た事が無い)

希少価値の高いラジコンカーは数々あれど、レア度、伝説、カッコ良さ、全てにおいて「自分にとっては」この竹川スペシャルが最高だと思う。








# by fantomblack | 2018-07-03 10:30 | ラジコン | Comments(0)
30年近く前の初代京商インファーノ用カーボンメカプレートの未使用品を倉庫で発見。
c0207113_00225660.jpg


未走行のインファーノ竹川スペシャルに取り付け。
c0207113_00225694.jpg

このパーツを取り付けるために数年ぶりに車体を引きずり出したが、サビも無く新品同様のコンディションで一安心。

しかし いつ見ても竹川スペシャルはカッコイイなぁ。
# by fantomblack | 2018-07-02 10:14 | ラジコン | Comments(0)
MP5K hc のグリップは手の大きさやグローブに関係無く握りやすい。

ただ欠点は。。。見た目がシンプル(地味)な事か。。。

そこでハンドガン用の汎用グリップを取り付けてみた。
c0207113_23221137.jpg

装着に力が必要だったがキツかっただけにぴったり。

他の部分をカスタムしている部分とバランスが取れて交換の効果があった。
c0207113_21464719.jpg

同時にコンパクトなフォアグリップ装着も装着。

MP5kも思った以上にカスタムのしがいがあるね。


# by fantomblack | 2018-07-01 01:17 | MP5 | Comments(0)
東京マルイM93R改 オート9で室内戦に参加した。
c0207113_20253352.jpg

ガスブロのグロック18と2丁体制。

グロックは早々にセレクターパーツのネジが外れ、フルオート専用になってしまい戦線離脱。。。

そして初投入のオート9は。。。。

給弾不良が発生。
マガジンいっぱいに弾を入れると発生するようだ。

さらに 弾道が上下に乱れる。
スタビライザーを外すと安定する。
スタビライザーがなければ かなり良い感じ。
明らかにスタビライザーが影響していそうだ。

こんな状態だが フラッグも獲れて 自分的には良い結果だった。

原因は不明だが、インナーバレルはアウターバレルより数センチ短いので、アウターバレルの内側に弾が当たってホップ回転が乱れているように思う。

次のゲームまでには解消したい。


# by fantomblack | 2018-06-30 20:04 | オート9 | Comments(0)
東京マルイのM933のスプリングを交換した。
c0207113_23295446.jpg

使ったスプリングはアングス0.9j M。

スプリングの交換と一緒に、ライラクス のピストンとメタル軸受も投入。

早速計測してみる。
箱出しの初速は85〜6m/s。
バレルを300mm6.03、パッキンはPDI Wホールドパッキンでスプリングはノーマル状態の時の初速は94.04m/s だった。
(ネットではPDI Wホールドパッキンを装着すると初速が下がる。。。と見かけるが、今のところ下がった事はない)

計測してみる。

むむ。。。完全にアウトな初速。。。

バレルの長さで調整して、98m/s前後にしよう。


# by fantomblack | 2018-06-26 12:51 | M4系 | Comments(0)
東京マルイM93RにTFGリングを付けてみた。

パワーアップした銃のパッキンが変形して空気が漏れる事を防ぐバーツ。

これからスプリング交換を考えているので、まずはリング単体で効果を見てみようと考えた。
c0207113_09192686.jpg

POM製?の小さいリング
c0207113_09192773.jpg

パッキンに被せるだけ。

計測してみると、交換前73m/sが75m/sを超えるようになった。

スプリング交換をしていない状態では交換が無いと思っていたが、少しだが初速アップした。



# by fantomblack | 2018-06-26 08:57 | オート9 | Comments(0)
M93Rに100連マガジンを付けてみる。

ノーマル
c0207113_23172513.jpg

100連
c0207113_23172633.jpg

かなりデカイ!

しかし計測してみると。。。

ノーマル
c0207113_23172663.jpg

100連
c0207113_23172671.jpg

オールプラスチックなので軽い!
弾を入れなければ100連の方が軽い。

大きさ以外のデメリットは無さそうだが、タダでさえ大きいオート9にこのマガジンを付けると コンパクトマシンガン並みの大きさに。。。

ノーマルの細いマシンガンをスペアで携行していた方が良いかも?!


# by fantomblack | 2018-06-23 23:10 | オート9 | Comments(0)
東京マルイ MP5K HCの内部メカを交換した。

この銃はエアガン人生で始めてメカボ分解したが失敗、しばらく放置されたあと再度挑戦し動くようにはなったが、動作に不安があったので修理のついでにカスタムする事にした。

交換したのはアングスハイサイクル用スプリング、スプリングガイド、ACE1 ARMS 強化 ポリカーボネート ピストン。

ノーマルの初速70m/s 前後から80m/sになった。
c0207113_23235486.jpg

シリンダーの容量の影響か初速が伸びない。

バレルとの相性も関係しそうなので もう少し調整してみよう。

# by fantomblack | 2018-06-22 23:09 | MP5 | Comments(0)
東京マルイのM93RにMGCのオート9パーツを取り付けるカスタムが完成した。

完成した電動オート9 をMGCオート9 の箱に入れてみる。
c0207113_22001070.jpg

懐かしい感じ。

中心合わせと表面処理をしたスタビライザー。
c0207113_21560224.jpg

取り付けに1番苦労したグリップはナシ地塗装。
c0207113_21560310.jpg

リヤサイトもヒケを消す作業を行った。

簡単にコンバートできると思ったが、実際はかなりの加工を必要とした。
(仕上がりの精度を気にしなければ無理矢理ポン付けと言えない事もないが。。。)

結果的には全てのパーツを加工して仕上げる事になってしまったが、満足な出来になった。
c0207113_12513840.jpg

次回の室内戦で使おう。




# by fantomblack | 2018-06-17 10:06 | オート9 | Comments(0)
塗装まで仕上げたスタビライザーだが、装着してみると東京マルイのM93とMGCのスタビライザーは銃身の中心が合っていない事が分かった。

計測してみると東京マルイの方が1〜1.2mmほど高いようだ。

インナーバレルを取り付けなければ撃てない事もなさそうだが、ここまできたら完璧にしたい。

どちらにしてもMGCのアウターバレルは使えないので新造した。
c0207113_09382858.jpg

組み立て。
c0207113_09382895.jpg

スタビライザーの穴を上方向に広げる加工して中心を合せ、インナーバレルはアクリサンデーでガッチリ溶着した後、再度ブラックパーカーで仕上げた。

メーカーも年代も違うので、簡単にはコンバートできないな。


# by fantomblack | 2018-06-15 08:56 | オート9 | Comments(0)
東京マルイ ガスグロッグ18cに20mmレールを取り付けた。
c0207113_22190319.jpg

オリジナルレール。

取り付けはアクリサンデー
c0207113_22190448.jpg

アクリサンデーは流し込みタイプなので塗装済みのパーツでは失敗リスクが高い。

そこで、綿棒に浸みこませて塗布して接着した。

先端に肉叩きも付いているので更にゴツく。
c0207113_22190433.jpg

ドットサイトを付けてみよう。



# by fantomblack | 2018-06-08 08:10 | グロック18C | Comments(0)
東京マルイ M93Rをオート9化している。
大きいスタビライザーのおかげで、長いインナーバレルが入りそうなので交換した。

Kホビー FGバレル
c0207113_21173534.jpg

長さは210mm。
ノーマルに比べかなり長い。

銃に合わせてカットして使うようだ。
とりあえず そのまま入れて試射してみよう。

しかし長すぎてスライドがはめにくいのでマズルをカット。
c0207113_21173611.jpg

プラスチックなので簡単にカットできる。

マズルキャップの内径が狭くバレルが通らないので先端部分をカット。
c0207113_21584062.jpg

金属なので道具が無いと加工が大変。

やっと組み込み完了。
c0207113_22031367.jpg

バレルが盛大に飛び出しているがオート9のスタビライザーの先端までは まだかなり距離がある。

このままスタビライザーの飛んで行くのは問題がありそうなのでアウターバレルを新造しよう。

初速を計測
c0207113_21414376.jpg

73m/s
ノーマルのMP5Kと同じくらい。

とりあえずこの状態で試してみよう。

# by fantomblack | 2018-06-07 20:00 | オート9 | Comments(0)
全てのパーツを組んでみると、改造したパーツと銃本体の完成度に比べ、無加工のスタビライザーの質感の低さが気になった。

ヒケも多いしパーティングラインも目立つ。
表面に施されたヘアライン加工も今となっては中途半端な印象だ。

そこでスタビライザーも仕上げることにした。
c0207113_23030475.jpg

ヒケた部分に光硬化パテを盛る。

サンドペーパーで形を整えてから、剥げた時の事を考えて黒色のサフェーサーで下地を作る。

仕上げはインディのブラックパーカー。

加工前。
c0207113_16223639.jpg

ヒケが目立ってプラスチックっぽい。

加工後。
c0207113_16223707.jpg

塗装もしたので質感は上がったと思う。

一旦は完成したと思ったスタビライザーだが、銃に装置してみると新たな問題が。。。


# by fantomblack | 2018-06-05 22:28 | オート9 | Comments(0)
一旦は完成したオート9のグリップだが、ブラックパーカーの艶消し塗装は、握っているうちに艶が出てしまいそう。。。

そこでストーン調スプレーでシボ塗装をしてみた。
c0207113_20332342.jpg

他の部分と質感が変わり滑り止めっぽくなって大成功。

OCPのマークはマスキングして平らなままにしている。

ストーン調スプレーを吹いただけだと粒子が尖り過ぎる上に透明感が有ってそのままでは違和感が凄い。

乾燥した後にサンドペーパーで少し平らに慣らし、最後にブラックパーカーを上塗りして仕上げる。

ストーンスプレーは、塗る量と その後のサンドペーパーでの慣らしを調整すれば仕上がりの風合いも調整できそうだ。





# by fantomblack | 2018-06-04 20:22 | オート9 | Comments(0)
グリップをはめて測ってみると、3mmくらい隙間が開いてしまう。

そこで1.5mm厚のプラ板を貼って調整することにした。
c0207113_09054058.jpg

アクリサンデーでタミヤのプラ板を貼ったが イマイチ強度が低そうなので瞬間接着剤も併用した。

大まかに整形できたらパテで整形。
c0207113_14053180.jpg

黄色いのはタミヤの光硬化パテ。

塗ってから光に当てると数秒で固まる優れ物。
ヒケることも無く短時間で作業が終了。

整形後はサフェサーと塗装。

黒いサフェサーを吹いて細かい傷をサンドペーパーで仕上げて、インディブラックパーカーで塗装。
c0207113_01063657.jpg

ブラックパーカーの質感に助けられてまぁまぁ良く見えるか?

取り付け。
c0207113_07545663.jpg

隙間も無くピッタリ。

握ってみると見た目通り太い。
ロボコップ用だから仕方ないか。




# by fantomblack | 2018-06-03 20:45 | オート9 | Comments(0)
20年くらい前にフルスクラッチして倉庫で眠っていたマシンハヤブサの状態を確認。
c0207113_23141825.jpg

当時の絵本を参考に、放送当時のレーシングカーをイメージしながらアレンジした。

素材はABSの板とポリパテ。
道具はノギスとヤスリとカッターとスコヤ。
c0207113_23141994.jpg

エンジン(確かボールペンの改造)はV1しか作っていないが、取り外しは可能。

制作はABSの溶着でラッカーパテはほとんど使わなかったのが良かったのか劣化はほとんど感じなかった。

今はこんな根気は無いなぁ。。。

# by fantomblack | 2018-06-03 20:29 | フルスクラッチ | Comments(0)
オート9のパーツを外してM93Rに付けてみると。。。

スタビライザーは内側のリブが干渉している様子。
c0207113_10583552.jpg

画像は内側のリブを削り落とした状態。
これで取り付けることができた。

グリップは取り付けがかなり困難で、一旦は取り付けを諦めようと思ったが、M93のノーマルグリップではオート9の大型のスタビライザーとのボリューム感が合わず格好悪い。

懸命に内側を削り込んだが、どうしても隙間が開いてしまう。
c0207113_10583576.jpg

3mmくらい開いているが、ここはプラ板でなんとかなりそう。

さらにネジ穴の位置が合わない。
c0207113_10583617.jpg

一旦大きく穴を開けて、M93Rのグリップのネジ穴を移植してABSの破片を埋め込んでアクリサンデーで一体化した。

とりあえず組んでみる。
c0207113_10583629.jpg

遠目には良い感じ。

後は隙間を埋めたりの仕上げ作業。
ここまで組めれば一安心?




# by fantomblack | 2018-06-01 10:00 | オート9 | Comments(0)
前回のサバゲーに持ち込んだMGCのオート9。
c0207113_10394441.jpg

ゴツくて格好は良いが、ホップ無しでは使い物にならず。。。

ホップできるように改造する事も考えたが、古くてブローバックもしないのでは、
どちらにしても使い道は無さそう。。。

そこで買ってきたのが東京マルイの電動M93R。
c0207113_10394416.jpg

MGCのパーツと東京マルイのM93を使って、冬でも使える電動のオート9を作る。

2社の銃を比べて見ると、圧倒的に東京マルイの方が質感が高く造形もエッジが効いて格好良い。

改造しないで使おうかと思ったが、意を決して分解開始。
c0207113_10394510.jpg

ここまで特に問題無く分解できた。

接着されていたリヤサイトは接着剤が劣化していたのかベリっと剥がすことができた。

そして東京マルイM93Rにオート9のパーツをハメてみると。。。

あちこち干渉してハマらない。。。
ポン付けできそうなのはリヤサイトだけ。

ネットで「ポン付けできる」と言う記事を見た事があったような。。。

ああ面倒な事を始めちゃったな。。。
# by fantomblack | 2018-05-31 08:40 | オート9 | Comments(0)
サバゲーには必須のゴーグルとマスク。

最初に買ったメッシュのゴーグルは 薮の中では あまりにも見え難いので 透明な物に買い替えた。
c0207113_23235652.jpg

エアガンショップには必ず有る、1番安いコレ。

このまま使っても良かったが、「曇り止め加工」のせいでイマイチ視界がクリアでは無かった。。。

そこで コンパクトで曇り止めを除去して視界くっきり。

しかし それで曇りそうなので ちょっと改造してみた。
c0207113_23235658.jpg

通気を良くする為に、口の部分にメッシュのゴーグルの一部をカットしてホットメルトとナイロンバンドで固定。

完成!
c0207113_23235701.jpg

ついでにコードネームを綿棒に付けた赤色塗料で塗装。

通風孔が大きくなったので多少は曇り止め効果があるか!?

実際に使ってみた。
c0207113_15183488.jpg

全く曇らない!!

息苦しさも無い。

ファン付きも欲しいと思っていたが、しばらくはコレで行こう。
# by fantomblack | 2018-05-25 23:14 | エアガン | Comments(0)
パトリオットに付けている東京マルイのNEWプロサイトをMP5にも取り付けることにした。
c0207113_23435134.jpg

輝度が少し低い感じもするが、工具を使わずに調整ができて、重さも100gと非常に軽く使いやすいドットサイトだ。

ただ、プラスチック製という事もあり 質感がイマイチ。。。

そこで少しでも質感が上がるようにカスタムしてみた。

銃に付けた時に目立つ所にある凸文字の彫刻をサンドペーパーで削り落とす。
c0207113_23435101.jpg

c0207113_08080616.jpg

プラスチックなので400番で簡単に削り取る事ができた。

ドットの暗さを少しでも補う為にフードを作成。
c0207113_23435236.jpg

ABSから削り出し。

本物やレプリカで見かける蓋の紛失を防ぐワイヤーと取り付け部も製作。
ワイヤーはラジコン用を流用した。
c0207113_22245733.jpg

接眼レンズの方にも日除けカバーを取り付け。

一旦はブラックで仕上げたが、タンカラーのM933に載せるためインディのコヨーテタンで再塗装。
c0207113_07512703.jpg

もはやNEWプロサイトには見えない?

性能も良く軽量で価格が安く、プラ製で改造も簡単な良いサイトだと思う。



# by fantomblack | 2018-05-20 10:15 | M4パトリオット | Comments(0)
M4パトリオット用に買って使わなかったM4用のストックとチューブが勿体ないのでMP5K hcに取り付ける事にした。
c0207113_16290011.jpg

MP5K hc はストックが付くようにはなっていないので改造が必要。

アングスから強度が高そうな専用品が出ているが、今回は標準品を加工して取り付ける。

レシーバーキャップのスイベル用の穴に強引にネジ留めもできそうだが、補強と見た目を考えてABSの板から削り出して専用のパーツを作った。

裏の補強板とチューブ取り付け部をアクリサンデーとネジで組み立て。
c0207113_21224274.jpg

補強も兼ねてM4用のスリングスイベルが使えるようにレシーバーカバーに立ち上がりを設けた。

チューブが付いてしまえばストックの取り付けは通常のM4と同じ。
c0207113_21224216.jpg

M4用のスリングスイベルも取り付けた。

レシーバーキャップをノーマルに戻せば簡単にストック無しできる。

他の銃と長さを比べてみる。
c0207113_23010565.jpg

全長はチューブストックを縮めた状態のパトリオットが短いが、トリガーの位置を合わせてみるとMP5Khc が短い。
c0207113_08434289.jpg

ここまでで重量はバッテリー込みで2245g。
片手で振り回せる重さだ。

初速などでは一歩劣るが、この短さと軽さは狭いフィールドで有利になりそうだ。




# by fantomblack | 2018-05-19 22:15 | MP5 | Comments(0)
東京マルイのMP5KhcにSBD取り付けた。
いつも使っているG.A.W製。
c0207113_23070458.jpg

カシメ工具があれば付属の端子でハンダ付けは不要。
c0207113_23070593.jpg

モーターカバーに当たらないように、モーターの動きに影響が出ないように配線する。

実際の効果が分からないが、我が家の銃には全て付けている。
本当に効果があるなら標準で付けて欲しい。

# by fantomblack | 2018-05-18 23:01 | MP5 | Comments(0)
薄い金属板を手軽に曲げられるポケットベンダーで平らな形のスリングスイベルを曲げてみた。
c0207113_13300685.jpg

本来はアルミの1.5mmくらいまでなので、
ちょっと無理があるが。。。
c0207113_13300637.jpg

精度はそこそこだが、あると便利な工具だ。



# by fantomblack | 2018-05-17 13:22 | エアガン | Comments(0)
DX怪盗合体ルパンカイザーとDX VSチェンジャーパトレン1号セットを購入したので、パトカイザーを完成させるには2台のトリガーマシンが必要になる。

バイカーと2号を買ってきた。
c0207113_08495327.jpg

合体
c0207113_08492735.jpg

バイクのタイヤはヨーヨーになっている。

前作のキュウレンオーはポロリが多くて遊び難かったが、今回は発光ギミックこそ無いものの、しっかりと合体できて遊びやすい。

そろそろ2号ロボの登場だ。






# by fantomblack | 2018-05-15 09:38 | 玩具 | Comments(0)
バーベキューへ行った時に、車から荷物を運ぶ為に台車を使っていたが 凸凹の多いバーベキュー場では荷物が落ちたり使いにくい。

そこで キャリーカートと言う物を買ってみた。

買ってきたのはコストコのキャリーカート。
c0207113_09103696.jpg

簡単に折り畳めるので車載も楽だ。
45kgくらいまで載せる事ができる。

もちろん武器の輸送にも。
c0207113_09103690.jpg

c0207113_09251912.jpg

エアガン3〜4丁にハンドガンや装備が楽に入る。

タイヤが大きく悪路の走破性もバッチリ。
色もミリタリーっぽいのが良い。




# by fantomblack | 2018-05-13 10:45 | エアガン | Comments(0)
MP5Khc にエチゴヤさんのバッテリーを入れると。。。。
c0207113_00423292.jpg

迷彩の柄が見えてしまう。。。

そこでハセガワのメタルフィニッシュにサンドペーパーでスジを入れた物を貼ってみた。
c0207113_00423275.jpg

その効果は。。。
c0207113_00423326.jpg

金属っぽくなって良い感じ!

神は細部に宿るな。
# by fantomblack | 2018-05-12 00:38 | MP5 | Comments(0)