ブログトップ

Black Fantom

fantomblac.exblog.jp

2足歩行ロボットブログ 

<   2018年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

パトリオットのフラッシュハイダーを交換。
c0207113_10443688.jpg

ノーマルも金属製でカッコ良いのだが、太いハイダーが似合いそうなので交換した。

選んだのはNOVESKの安いレプリカ。
c0207113_10443794.jpg

Oリングを間に噛ませると、文字の位置をちょうど良く固定できる。

性能には関係無いが、見た目には かなり効果が有った。



[PR]
by fantomblack | 2018-03-31 09:57 | M4パトリオット | Comments(0)
周囲で増え始めたARP556に刺激されて購入。

東京マルイ M4パトリオットHC。
c0207113_21261278.jpg

パトリオットを選んだのは、ハイサイクルシリーズは標準でメカボックスが強化されていること、M4系でパーツが多いこと、バレルがそこそこ長いこと、プラスチック製だがレールのおかげで首がしっかりしていること、そして、なんと言ってもカスタムしてカッコ良くする余地が多いから。

後ろにチャージングハンドルが無い
c0207113_21261373.jpg

グリップが細くて握りやすい。
c0207113_21261322.jpg

トリガーガードがカッコ良い。
c0207113_21261319.jpg


小さい!
M933と比較
c0207113_21261453.jpg

HK417と比較
c0207113_21261489.jpg

ハンドガン並みの大きさ。

個性的なパトリオットを性能アップしてARP556に負けない銃にしていこう!



[PR]
by fantomblack | 2018-03-30 21:06 | M4パトリオット | Comments(0)
エアガンを改造するにあたって気をつけてなければならない規制がある。

目測だけでは分からないので、弾速計を買ってきた。

選んだのは Xcortech X3200 mk3

使い方は非常に簡単。
弾の重さが数種類プリセットされているので、単3乾電池を2本セットして、スイッチを入れれば使用可能。
ジュール換算もしてくれるので 初速管理は完璧。

M933コマンドで試してみる。
c0207113_20564019.jpg

連射できない環境だったので数発だけ撃ってみた。

94.04m/s
ネットでは初速が落ちると言われているPDIのWホールドパッキンを使っているが初速の低下は無いようだ。

小さいので、フィールドへ持って行くこともできそうし、計測できると改造の効果が分かりやすくなるので改造が更に楽しくなりそうだ。
[PR]
by fantomblack | 2018-03-30 20:48 | エアガン | Comments(0)
HGシリーズで一年戦争のモビルスーツを作っている。

昨年12月のドムから3カ月、買ってから放置していたギャンを組み立てた。

今回もモノアイを透明にしただけのパチ組み。
c0207113_12504023.jpg


c0207113_08413955.jpg

実機はあまり使われてないだろうと予想して汚しはシールドの煤汚れだけにした。

モールドにシャープペンで墨入れして全体を艶消しスプレー。

組んでいて残念に思ったのが脛の合わせ目。

しかし。。。
c0207113_12491342.jpg

何もしていないのに合わせ目はほとんど見えない!

武器類が少なくパーツ数が少なくて4時間くらいで完成させる事ができた。

可動範囲も広く良いキットだった。

[PR]
by fantomblack | 2018-03-30 08:32 | プラモ | Comments(0)
タンカラーがカッコ良く、価格も安かったので買ってみたスタンダード電動ガンのM933。

実際手に入れてみると次世代ほどリアルでもなく、撃った爽快感はハイサクルに及ばない。
イマイチ特徴が無い印象で このまま使わなくなってしまうかと思ったが。。。

カスタム前
c0207113_15405039.jpg

正確にはフォアグリップとダブルマガジンは後付けした状態。

そしてカスタム後。
c0207113_15382000.jpg

外観は気に入っていたのでイメージはそのまま。

次世代はカッコ良くて性能も良いのでカスタム要素が少ないが、スタンダードは手を入れたくなる部分が多く、特にM4系はパーツが多い。
分解もしやすく、インナーバレルの交換は慣れれば10分もかからないだろう。

こうなると愛着も湧くし性能も上がって銃の知識も身に着いた。

最初は退屈な銃だと思ったが、結果的には1番楽しめる銃だった。

このノウハウを活かして 次のカスタムに取り掛かろう。




[PR]
by fantomblack | 2018-03-16 12:34 | M4系 | Comments(0)
ネットで見つけた安いトリガーガードを取り付けてみた。

ただノーマルのトリガーガードを外す時にレシーバー側を折ってしまった。

排狹する側の穴が緩いようだったので、ピンを抜く方向があるようだ。
c0207113_12312633.jpg

他のタンに合わせるため、プライマー+インディのコヨーテタン で塗装。

小さくて簡単に交換できる割にはイメージが変わるのでおススメ。


[PR]
by fantomblack | 2018-03-16 12:16 | M4系 | Comments(0)
HK417は彫刻に白や赤でスミ入れしている事に気がつく。
c0207113_12155685.jpg

これをM933にも施したくなった。

用意したのはクレヨン。
c0207113_12155618.jpg

ちょっと柔らか目の物を使用した。
c0207113_12155653.jpg

彫刻に擦りつけて。。。
余分な部分を拭きとると。。。
c0207113_12155765.jpg

彫刻くっきり!
上手く行ったので反対側も。
c0207113_12155713.jpg

カッコ良いぞ!
失敗してもやり直せるのでオススメ。

スタンダード電動ガンは手を入れる部分が多くて良いね。





[PR]
by fantomblack | 2018-03-16 11:58 | M4系 | Comments(0)
レシーバーにハゲチョロ塗装をしてみたが、ちょっとやりすぎてイマイチな仕上がりに。。。

そのままでも良かったが、気に入らなかったので全塗装することにした。

タンカラーの塗装にはインディを使ったが、今回はネットなどで好評のキャロムショット・ブラックスチールを使ってみた。
c0207113_10312857.jpg

分解してメラミンスポンジで磨いて下地作り。

スプレー缶に書いてあるように 薄く塗って乾かして。。。を数回繰り返す。

24時間乾燥させて組み立て。
c0207113_10312879.jpg

色はちょっとグレー系。

確かに塗膜は強いようで爪で擦ったくらいでは跡も付かない。
質感も高くなって満足な仕上がりだ。

他の部分の質感が上がったせいか、無塗装のセレクターレバーなど細かい部分が気になる。。。







[PR]
by fantomblack | 2018-03-11 09:39 | M4系 | Comments(0)
お手軽に銃を迷彩にできる迷彩テープを使ってみた。
c0207113_17301789.jpg

テープ自体には粘着が無くテープ同士の摩擦でくっ付く。

ハンドガードにも巻きたいがバッテリー交換できなくなってしまうのでM933では銃身だけに巻いた。
はみ出しやすい銃口がカモフラージュされれば少しは効果があるか?




[PR]
by fantomblack | 2018-03-04 17:25 | M4系 | Comments(0)
M933のストックとグリップを交換した。
c0207113_21271200.jpg

c0207113_21271365.jpg

グリップはモーターの位置を決める重要なパーツなので、安易な交換はしない方がいいかも。。。

部分的に微妙に色が違うのでが、インディのコヨーテタンで塗装して統一する。
c0207113_21271367.jpg

スコープもマスキングして塗装。

組み立てて完成!
c0207113_21271412.jpg

色が統一されてスッキリ。

プライマーを塗った効果かインディの性能か、引っ掻いたりしても剥げる事は無い強い塗膜になった。

プラチック感も薄れて質感アップしたかな?
c0207113_21271404.jpg

次世代と並べると。。。やはり次世代の質感は高いね。

金属製の次世代よりプラスチック製のスタンダードの方が自家塗装には向いているかも。
[PR]
by fantomblack | 2018-03-01 21:22 | M4系 | Comments(0)