ブログトップ

Black Fantom

fantomblac.exblog.jp

2足歩行ロボットブログ 

カテゴリ:ラジコン( 91 )

ラジコン広場で見かけた、TA07にローフリクションベルトを入れてみた。
c0207113_09425573.jpg

幅が細いのかと思ったが標準と同じ?

実際に走らせてみると、スロットルをオフにした時の失速が少ない?

最高速が上がったと言うより 慣性で進む感じの変化が操縦性に影響があるかも??

どちらにしても へたっぴなので感覚的なだけだが、一緒に走らせている同じくらいのテクの仲間からは「明らかに速くなって追いつけない」と言っていたので 効果はありそうだ。
[PR]
by fantomblack | 2018-07-30 09:34 | ラジコン | Comments(0)
エンジンバギーの王様 竹川スペシャル!

倉庫整理をして存在を確認。
c0207113_00490272.jpg

タケスペと言えば ランドジャンプをベースにした仕様が印象的。

ランドジャンプ 竹川スペシャル。
c0207113_00490394.jpg

このシャーシはサスアームはランドそのままに低重心化を狙ったコンバージョンキット。
これだけでも当時としては高価なキットだった。

シャフトドライブのインファーノタケスペ
c0207113_01045616.jpg

c0207113_01045698.jpg

インファーノというよりターボバーンズに近い感じ。

自分的には歴代最強の竹川スペシャルがコレ。
c0207113_01045787.jpg

駆動系の一部に無限精機のスポルト用パーツが使われているが、ほとんどのパーツは竹川製作所で作られた世界戦用のタケスペ。

足回りだけのコンバージョンキットもあったが、これは主要部分が組み立て済みでリリースされた車体。

発売当時は受注生産だったので未走行で現存する個体は非常に少ないと思う。

希少価値の高いラジコンカーは数々あれど、レア度、伝説、カッコ良さ、全てにおいて自分にとってはこの竹川スペシャルが最高だと思う。








[PR]
by fantomblack | 2018-07-03 10:30 | ラジコン | Comments(0)
30年近く前の初代京商インファーノ用カーボンメカプレートの未使用品を倉庫で発見。
c0207113_00225660.jpg


未走行のインファーノ竹川スペシャルに取り付け。
c0207113_00225694.jpg

このパーツを取り付けるために数年ぶりに車体を引きずり出したが、サビも無く新品同様のコンディションで一安心。

しかし いつ見ても竹川スペシャルはカッコイイなぁ。
[PR]
by fantomblack | 2018-07-02 10:14 | ラジコン | Comments(0)
HPIのサベージにギガクラッシャーのボディを取り付けた。

ポリカボディなので本来なら穴を開ける位置だけで取り付けできるが、すでにギガクラッシャー用に穴を開けていたのでサベージとボディマウントの寸法が合わない。

綺麗にペイントされたボディに新たに穴を開けたくないので、苦肉の策としてボディマウントを新造して対応した。
c0207113_09271579.jpg

黒いパーツが新しいボディマウント。

ボディを乗せてみる。
c0207113_09271528.jpg

カッコイイ!

発売を楽しみにして発売日に買ったギガクラッシャーだったが、サベージが増えてしまったのでシャーシは手放したがボディだけは残していた。

かなり気に入っていたボディだったので再使用できてよかった。

しかしサベージってデカイなぁ。。。
[PR]
by fantomblack | 2018-04-14 09:14 | ラジコン | Comments(0)
M07を組み立てた際、M用ビッグボアダンパーを付けていたが、M07はツーリング用のダンパーを使うようになっているのでシャフトを交換するなどの必要があるが無理矢理そのまま使っていた。

前回の走行でセッティングが迷走に迷って迷走だった事もあり、ノーマル状態を知るためにダンパーなどノーマルに交換してみた。
c0207113_11154595.jpg

ピストンだけは精度の高い物に交換。

M05と。
c0207113_11154646.jpg

車体に組み込んでみると思った以上にリヤが柔らかい。
リバウンドが多めだ。

実際に走らせてみるのが楽しみだ。
ダンパーオイルは走行の前日に入れよう。


[PR]
by fantomblack | 2017-11-29 11:04 | ラジコン | Comments(0)
M07のシェイクダウンはレース当日になってしまった。
c0207113_11042455.jpg

バッテリーはニッカド。
c0207113_13402059.jpg

充電器は古い近藤科学製。
これで電装品が全て近藤科学製になった。

走行の前にタイヤの貼り付け
c0207113_13402169.jpg

タミヤの治具が便利だし正確に貼れるような気がする。

レースの前にゆっくり試走してみる。
走りにくさは無いようだ。

実際のレースでは 予選で3番目のタイム!
しかし 1発だけではね。。。

ただ、M05では出なかったタイムなので 明らかに新しい機材のおかげだ。

メンテナンス製に優れ 走りも楽しい。
その上 タイムも良ければ文句なしだね。



[PR]
by fantomblack | 2017-09-25 13:30 | ラジコン | Comments(0)
メカ積みとアンプの初期セットを終えてトリム調整。

最後にボディを乗せる。
c0207113_08460695.jpg

ボロボロのスイフト。
ライトの形状を変えたので雰囲気が変わったかな?
ミニオンは出力した紙を裏貼り。

当初はマツダロードスターのボディを用意していたが、実車の駆動形式と違うのがちょっと腑に落ちなかったのでスイフト再登場となった。

格好良いFFボディを出してくれないかな。
[PR]
by fantomblack | 2017-09-22 08:41 | ラジコン | Comments(0)
シャシーが組み上がったのでメカ積み。

M05で使っていたVFS-FR2が壊れていたので新調したが、そのままでは面白くないのでアルティメットブースター2というキャパシタ?を付けてみた。
c0207113_08464000.jpg

ハンダで配線して両面テープで固定する仕様。

メカ積み完了。
c0207113_08464111.jpg

配線スッキリにしたかったので、モーターとアンプのコード類は一旦切断して短縮した。
おかげで、ほとんど配線が見えなくなった。

明日はガレージで試走してみよう。
[PR]
by fantomblack | 2017-09-21 08:41 | ラジコン | Comments(0)
リヤ周りとダンパーを組み立て。

駆動系が無い簡単な構造なので、組み立ても簡単。

ただ、リヤアクスルとサスアームが渋いので少し削って調整。

アッパーアームはフロント同様にターンバックルに変更した。
c0207113_19162316.jpg

キット標準で前後のバネの硬さが違う。

ダンパーはM05に使っていたビックボアダンパーを流用。
ダンパー下側のボールエンドにOリングを挟んでダンパーが奥に押し込まれないようにした。
c0207113_08132104.jpg

あとはメカ積みとボディだ。
[PR]
by fantomblack | 2017-09-06 23:17 | ラジコン | Comments(0)
駆動系の次はステアリング周辺の組み立て。

07のアッパーアームは05の固定式からネジロッドで調整式になっている。

アッパーアームを組み立ててみると。。。
取説の寸法通りに組み立てるのが難しい。

微妙な寸法誤差なので自分の操縦テクでは関係無いとは思うが ちょっと気になる。

そこで、ターンバックル式に組み立てた。
c0207113_19174861.jpg

青いアルマイトの部品を使いたくなかったのでチタンのターンバックルを使った。

ついでなのでボールエンドはローフリクション。

タイロッドはボールエンドの間隔を0.5mmにする指示だが、アッパーアームと同様に寸法を出すのが難しいので0.5mm厚のシムを入れてみた。

サス周辺はM05に比べて すごくレーシーで格好良いね。

次はリア周辺。

[PR]
by fantomblack | 2017-09-06 08:41 | ラジコン | Comments(0)