ブログトップ

Black Fantom

fantomblac.exblog.jp

2足歩行ロボットブログ 

カテゴリ:ラジコン( 94 )

制作して20年以上は経過しているスカイラインを倉庫から救出。

京商のハコスカGT-R
c0207113_20123193.jpg

シャシーは京商ピュア10を改造して実車と同じ後輪駆動にしたもの。

RSターボ
c0207113_20123264.jpg

ボディはシェブロン製?
シャシーは京商のピュア10GP。

カルソニックGT-R 32
c0207113_20123220.jpg

シャシーは実車と同じ四駆のTA-02

アルティアGT-R 33
キットが無かったので文字はオリジナル。
シャシーはTA-02をエンジン仕様にした四駆。

クラリオンGT-R 33 LM
c0207113_20123244.jpg

TA-02W カーボンシャシーコンバージョン仕様。
バンパー周辺の形状が複雑でシール貼りが困難なので塗装で仕上げた。

カルソニックGT-R 33
c0207113_20123200.jpg

シャシーは展示用のアクリル板+タイヤ。
空気取り入れ口は全て開口してメッシュを貼った盆栽仕様。

ザナビGT-R 34
c0207113_20123376.jpg

シャシーはTB-04。
取説の通り窓も塗り潰してシール仕上げ。

オークションなどでの取り引きでは未組立が高価だだが、未組立で長期間保存すると、特にポリカボディは経年劣化で硬く脆くなってカットする事が難しくなる事が多く、実際には組み立てられなくなってしまう。

そう考えると、組み立てて保存するのも良いかもしれない。










by fantomblack | 2019-01-05 16:57 | ラジコン | Comments(0)
かなり前に購入して放置していたTT-02B用キャタピラユニット。

2018年のやり残し解消の為に組み立ててみた。

まずはTT02Bの組み立て。
c0207113_18201747.jpg

ほとんどのパーツがプラスチック製。

組み立てが面倒なダンパーピストンは一体型。
c0207113_18201769.jpg

この他にターンバックルも一体型になっていたり、手間がかかったり調整が必要な部分は一切無い。
シャシーだけなら1時間くらいで組み立てられそうだ。

シャシーを組んでキャタピラユニット装着。
c0207113_18201777.jpg

c0207113_18201853.jpg

見た目は魅力的だが。。。

試しに6Vで回して見たが、見た目以上に駆動ロスが大きい感じ。
実際の走行では駆動系に負担がかかりそうだ。

当初はトラックボディを載せようと考えていたが、キャタピラの幅が狭く全幅が大きいので似合わなそうだ。

これを組むなら京商のブリザード系の方が良いかも。



by fantomblack | 2018-12-31 17:30 | ラジコン | Comments(0)
京商1/10バギーレーザーZX GP10
c0207113_22330797.jpg

ボディはタミヤ製。
c0207113_22330712.jpg

このレーザーはレーザーのパーツは一切使っていないし、レーザーにエンジン仕様は無い。

25年くらい前にレーザーZXのサスペンションをアルミ削り出しでワンオフし、駆動系は京商のGP-10を流用、これを京商1/8エンジンバギーを意識したワンオフのシャシーで構成した。

結局走らせる事は無かったが、オール金属製で重いので きっと速くはないだろう。。。

by fantomblack | 2018-12-22 10:30 | ラジコン | Comments(0)
倉庫改築のため、整理をしている。

数十年ダンボールにそのまま入っていたので箱の状態が悪い物が多かった。
c0207113_09051825.jpg

どこでいつ買ったんだろう?
XR311は再販されたけど、チータは再販されてなかったかな。
でも箱の状態が悪すぎる。。。

マイナーな車両も。
c0207113_09051808.jpg

今は亡きAYKやバギー徹底のヒロボー。
希少価値は無さそうだが 印象深いので処分し難い。

京商のレーシングバギー御三家、トマホーク、ギャロップ、オプティマ。
c0207113_09051920.jpg

オプティマだけ再販品。
再販ブームなので車両より当時のカスタムパーツの方が貴重かも。

シェブロンのアスラーダ
c0207113_09051952.jpg

倉庫の中では比較的に新しい物なので状態が良かった。

倉庫整理も急いで目処をつけたいが、こうやって いちいち引っかかっているので進みが悪い。

とにかく箱の状態が悪い物は処分していこう。



by fantomblack | 2018-11-26 08:46 | ラジコン | Comments(0)
我が家のロボットの名前は この車両から頂いたもの。

京商 ファントム EP-4WD Ext の未走行。
c0207113_21260069.jpg

1985年頃の1/12レーシングカー。
c0207113_21260077.jpg

3Pサス+4WD
チェーンが無ければ普通の2WDレーシングカーと変わらないシンプルな機構。
30年以上前の車両とは思えない洗練されたデザインだ。

どんな走りなのか試したいがスペアパーツが無いから無理だな。。。







by fantomblack | 2018-11-11 16:18 | ラジコン | Comments(0)
前回の練習走行で、もう少し前後の車高調整をしたいと思ったが。。。

標準のダンパーはスペーサーで調整する構造で、あいにくスペーサーを持っていなかったために調整する事ができなかった。

知人が使っていないという事でTRFスペシャルダンパーを譲り受けて取り付けた。
c0207113_03015807.jpg

長期間使っていなかったので、ゴムパーツは全て交換。
Oリングは京商の赤い物をグリーンスライム漬けにしたものを使用した。

TT-02に使っていた物だが、長さはノーマルM07と同じでぴったり。

これで車高調整ができる。

今まで スプリングを調整するのはスプリングの硬さを調整するためだと思っていたが、実は車高調整の方が重要な事だと気が付いた。

初心者でもオイルやスプリングの硬さより、車高調整、リバウンドストロークの方が変化が分かりやすいかも?



by fantomblack | 2018-10-31 22:00 | ラジコン | Comments(0)
ラジコン広場で見つけたTA07用ローフリクションベルトを入れてみた。
c0207113_09425573.jpg

幅が細いと予想していたが、意外にも標準と同じ?

実際に走らせてみると、スロットルをオフにした時の失速が少ない?

最高速が上がったと言うより 慣性で進む感じの変化が操縦性に影響があるかも??

どちらにしても へたっぴなので感覚的なだけだが、一緒に走らせている同じくらいのテクの仲間からは「明らかに速くなって追いつけない」と言っていたので 効果はありそうだ。
by fantomblack | 2018-07-30 09:34 | ラジコン | Comments(0)
エンジンバギーの王様 竹川スペシャル!

倉庫整理をして存在を確認。
c0207113_00490272.jpg

いつ見ても他の車両には無い存在感!

これはランドジャンプ 竹川スペシャル。
c0207113_00490394.jpg

一見するとノーマルっぽいこの車両は、サスアームはランドそのままにボディをポリカ製に換装して低重心化を狙ったコンバージョンキット。
c0207113_17542789.jpg

これだけでも当時としては高価なキットだった。

シャフトドライブのインファーノタケスペ
c0207113_01045698.jpg

インファーノというよりターボバーンズに近い感じ。

自分的には歴代最強の竹川スペシャルがコレ。
c0207113_01045787.jpg

駆動系の一部に無限精機のスポルト用パーツが使われているが、ほとんどのパーツは竹川製作所で作られた世界戦用のタケスペ。

スポルト用に足回りだけのコンバージョンキットもあったが、この車両は組み立て済みの完成品状態でリリースされた物でパーツだけでなく、エンジンレイアウトなども変更されていてスポルトとは完全に別物。

発売当時は受注生産だったので生産数も少なく、さらに未走行で現存する個体は非常に少ないと思う。

希少価値の高いラジコンカーは数々あれど、レア度、伝説、カッコ良さ、全てにおいて「自分にとっては」この竹川スペシャルが最高だと思う。








by fantomblack | 2018-07-03 10:30 | ラジコン | Comments(0)
30年近く前の初代京商インファーノ用カーボンメカプレートの未使用品を倉庫で発見。
c0207113_00225660.jpg


未走行のインファーノ竹川スペシャルに取り付け。
c0207113_00225694.jpg

このパーツを取り付けるために数年ぶりに車体を引きずり出したが、サビも無く新品同様のコンディションで一安心。

しかし いつ見ても竹川スペシャルはカッコイイなぁ。
by fantomblack | 2018-07-02 10:14 | ラジコン | Comments(0)
HPIのサベージにギガクラッシャーのボディを取り付けた。

ポリカボディなので本来なら穴を開ける位置だけで取り付けできるが、すでにギガクラッシャー用に穴を開けていたのでサベージとボディマウントの寸法が合わない。

綺麗にペイントされたボディに新たに穴を開けたくないので、苦肉の策としてボディマウントを新造して対応した。
c0207113_09271579.jpg

黒いパーツが新しいボディマウント。

ボディを乗せてみる。
c0207113_09271528.jpg

カッコイイ!

発売を楽しみにして発売日に買ったギガクラッシャーだったが、サベージが増えてしまったのでシャーシは手放したがボディだけは残していた。

かなり気に入っていたボディだったので再使用できてよかった。

しかしサベージってデカイなぁ。。。
by fantomblack | 2018-04-14 09:14 | ラジコン | Comments(0)