ブログトップ

Black Fantom

fantomblac.exblog.jp

2足歩行ロボットブログ 

カテゴリ:コルトパイソン( 9 )

東京マルイのガス コルトパイソンをカスタム。

カスタムしたレールにパーツを取り付けた。

エアガンショップのジャンク品コーナーで発見した中古のスコープ。
c0207113_22520972.jpg

接眼部分が凹んでいたので購入は悩んだが 、細くてちょうど良い長さだったので思い切って購入。
凹みは板金作業と塗装で復活。
マウントも付属していたが、あまりにもチープだったのでABSで新造した。

フラッシュライト。
c0207113_22520938.jpg

これも¥1000の格安品をインディのパーカーブラックで塗装。
マウントも良い物が見つからず新造した。

完成!
c0207113_22520943.jpg

ちょっとゴテゴテし過ぎたか?

ノーマルと比較してみる。
c0207113_22520921.jpg

性能はノーマルだが、見た目の破壊力は2倍になった?





by fantomblack | 2018-12-23 22:35 | コルトパイソン | Comments(0)
新造したパーツを組んで完成。
c0207113_15585766.jpg

下側にも20mmレールがある仕様。

着脱式で下のスタビライザーをレール無し仕様に変更。
c0207113_17224043.jpg

ぱっと見はあまり変化が無いか?

フロントサイトはノーマルをそのまま使っている。
c0207113_16091752.jpg

見やすい様にサイト上部に赤い部分を追加。

全体的にドライブラシでエイジング。
c0207113_16091863.jpg

エッジが軽くシルバーになって金属感が増した。

前に作ったクラウンパイソンと比べてみる。
c0207113_16091821.jpg

上が今回カスタムした東京マルイのガスパイソン。

ベースになった東京マルイの方が質感が高く、今回カスタムしたパーツの方が精度が高いので完成度は増したと思う。

せっかくの20mmレールなので光学機器を付けてみよう。


by fantomblack | 2018-12-03 15:55 | コルトパイソン | Comments(0)
クラウンのパイソン用に作ったスタビライザーの反省を元に マルイガスパイソン用に新造した。
c0207113_11215927.jpg

クラウンパイソンの時はスタビライザーは接着してしまったが、今回は純正のサイトを止める2mmのピンと放熱スリットを利用して着脱可能にした。

下側も着脱可能にしたのでノーマルに戻せる。
c0207113_11215968.jpg

さらに下側には20mmレール仕様も作った。
c0207113_11220071.jpg

塗装は銃に合わせて少しブルーっぽくしようか悩んだが、クラウンパイソンを塗った際、銃とスタビライザーを同じ色で塗ったところメリハリが無くなってしまったので、今回はキャロルショットのブラックスチールで塗った。

仕上げはクロスで磨いて シルバーで軽くドライブラシ。
c0207113_11220057.jpg

ブラックスチールは軽く磨くことで艶と金属感が増すようだ。



by fantomblack | 2018-12-01 09:28 | コルトパイソン | Comments(0)
クラウンのコルトパイソンの外装カスタムをしたが、サバゲーで使うには性能面が足りなそう。

そこで、クラウンパイソンをサバゲー仲間に売却し、代わりに東京マルイのガスコルトパイソン6インチで同じような外装カスタムをする事にした。
c0207113_13141833.jpg

少し青みのある黒。
カスタムで塗装するのが難しい色かも。

この銃の最大の特徴はリボルバーでありながら24発連射できることだと思う。
c0207113_13141994.jpg

c0207113_13141949.jpg

スプリングが見える。

クラウンのパイソンと比べてみる。
c0207113_13141914.jpg

クラウンの方は外装カスタムしているのゴツく、全塗装したおかげでぱっと見で見劣るのはグリップの質感くらいか?

細かく見ていくと 東京マルイの方が金属パーツが多くてリアルではあるが、値段を考えるとクラウンも悪くない。

重量測定。
c0207113_13142075.jpg


c0207113_13142083.jpg

数値以上にガスのパイソンは重く感じる。

クラウンパイソンに付けようとしていた下側のパーツ。
c0207113_13142062.jpg

東京マルイにもちょっとの調整で付ける事が出来た。
c0207113_13142067.jpg

上側のスタビライザーはバレルの太さなどが両社で違いがあったので兼用はできなかった。

上下が20mmレールになるので 取り付ける物を選んでおこう。



by fantomblack | 2018-11-08 08:41 | コルトパイソン | Comments(4)
塗装して24時間経ったので組み立て。

ノーマル
c0207113_10482254.jpg

カスタム後
c0207113_10482234.jpg

まるごと塗ったので後付けパーツと本体質感が揃った。
c0207113_10490447.jpg

シリンダーからチラッとしか見えないが 薬莢の塗装は効果的だった。

少し磨きたいところだが、今の状態でも十分質感アップ。

スタビライザーのおかげで見た目も激変。

¥3000で買った銃には見えない完成度に満足。

せっかくの20mmレールだから 何か付けよう。

by fantomblack | 2018-10-28 09:02 | コルトパイソン | Comments(0)
パーツが揃ったので塗装。
c0207113_23153839.jpg

シリンダーと薬莢とパッキン以外は横着をしてバラさずマスキング。
新造したスタビライザーも接着して塗装した。

本体は元の色がグレーっぽかったので、キャロムショットのブラックスチール。

プラスチック感いっぱいの薬莢はタミヤのメタルゴールド。
c0207113_23153827.jpg

塗ってみると
c0207113_23153884.jpg

効果歴然!

ブラックスチールの乾燥時間24時間を待って 組み立てよう。
by fantomblack | 2018-10-26 23:11 | コルトパイソン | Comments(0)
20mmレールの付いたスタビライザーを製作。
c0207113_22302137.jpg

仮組みしてみる。
c0207113_22302261.jpg

おー! ゴツくてカッコイイ!!
パーツはアクリサンデーでガッチリ接着してしまった。

ABSなので見た目に反してとても軽い。

あとは仕上げて塗装光学機器を乗せるのが楽しみだ。



by fantomblack | 2018-10-25 22:18 | コルトパイソン | Comments(0)
エアコキのクラウン製コルトパイソンをカスタムしたい。

いつもならメカのカスタムから外装のカスタムをするが、我が家のエアガンは規制ギリギリだったり 耐久性ギリギリだったりするので、今回は外装のカスタムだけにする予定。

c0207113_16164865.jpg

c0207113_10510971.jpg


フロントとリヤサイトを撤去してゴツいスタビライザー?を取り付ける。

これに合わせて全体も塗装して 安価なエアコキっぽさを払拭する作戦。

上手く行ったら ガスリボルバーでも試そうか?
by fantomblack | 2018-10-18 09:10 | コルトパイソン | Comments(0)
クラウン製のエアコッキングリボルバーのコルトパイソン。

「エアコキ戦」で使う銃を持っていなかったのと、実売¥3000と安かったので買ってみた。
c0207113_21364028.jpg

少し青っぽいメタリックフレーム。
塗装ではなく成形色か?

薬莢の後ろからBB弾を装填。
c0207113_21364163.jpg

薬莢も成形色のままなので、かなりプラスチック感がある。

早速 計測してみる。
c0207113_21364178.jpg

c0207113_21364157.jpg

0.2gを使用。
最高で39m/sだった。

コッキングは重くなく、思った以上に使いやすそうだ。

この安価で ちょっとチープなコルトパイソンを外装カスタムしてみよう。

by fantomblack | 2018-10-06 21:32 | コルトパイソン | Comments(0)