人気ブログランキング |
ブログトップ

Black Fantom

fantomblac.exblog.jp

2足歩行ロボットブログ 

カテゴリ:M4パトリオット( 17 )

インナーバレルの加工をやり直したスタンダードM4と、それと同じ加工を施したパトリオットを試射してみた。
c0207113_17002375.jpg

0.25gで初速は88m/sくらい。(0.2gでは97m/s)

試射の結果は2挺とも余裕で50メートル先のターゲットに音を立てて全弾当たっていた。

試射場が50メートルしかなかったので正確には言えないが、スタンダードM4をカスタムした方は50メートルのターゲットまでの弾の落ちが少なかったので、60メートル射程距離になっていると思う。

パトリオットの射程距離は55メートルくらいかもしれない。

実戦で使ってみると射程距離が50メートルもあれば十分だが、パトリオットの方は発射音が大きく敵に見つかってしまう。
それではせっかくの長距離カスタムの効果も半減してしまうのでサイレンサー(思ったより効果がある)を付けてみよう。




by fantomblack | 2019-05-27 12:34 | M4パトリオット | Comments(0)
2丁のM4を面ホップ化して効果を確認できたので、パトリオットも面ホップ仕様にする。

面ホップラバーが入るように、インナーバレルの穴をバレル後端後から10mmの位置まで拡大する。
c0207113_11003514.jpg

前作の2丁は、ヤスリで削って広げていたが、今回は弓ノコで大まかにカットしてからヤスリで整形したので作業時間が大幅に短縮できた。
c0207113_11003595.jpg

角を落とし、バリを取った後にコンパウンドで磨いて仕上げた。

パッキンを装着。
c0207113_11003658.jpg

使ったパッキンは宮川ゴム製のシリコン。

組み立ては気密保持を狙ってアンチウェアグリスを塗ってから装着。

猫なでホップは後方を0.5mmカットして使用。
c0207113_11003668.jpg

パッキンにシリコンオイルを薄く塗って、挿入時にパッキンが変形しないようにゆっくり組み立てる。

ここまでくれば戻すだけ。
c0207113_11003629.jpg

完成!
c0207113_11003630.jpg

当然ながら外観の変化は無し。

メカボックスは前に作ったM4と同様に初速は目一杯上げているが、ギヤ比はハイサイクルのまま。

短い全長と、ハイサイクルの威力で射程60メートルオーバーならサバゲーで使いやすくなりそうだ。





by fantomblack | 2019-04-21 10:04 | M4パトリオット | Comments(0)
パトリオットに付けている東京マルイのNEWプロサイトをMP5にも取り付けることにした。
c0207113_23435134.jpg

輝度が少し低い感じもするが、工具を使わずに調整ができて、重さも100gと非常に軽く使いやすいドットサイトだ。

ただ、プラスチック製という事もあり 質感がイマイチ。。。

そこで少しでも質感が上がるようにカスタムしてみた。

銃に付けた時に目立つ所にある凸文字の彫刻をサンドペーパーで削り落とす。
c0207113_23435101.jpg

c0207113_08080616.jpg

プラスチックなので400番で簡単に削り取る事ができた。

ドットの暗さを少しでも補う為にフードを作成。
c0207113_23435236.jpg

ABSから削り出し。

本物やレプリカで見かける蓋の紛失を防ぐワイヤーと取り付け部も製作。
ワイヤーはラジコン用を流用した。
c0207113_22245733.jpg

接眼レンズの方にも日除けカバーを取り付け。

一旦はブラックで仕上げたが、タンカラーのM933に載せるためインディのコヨーテタンで再塗装。
c0207113_07512703.jpg

もはやNEWプロサイトには見えない?

性能も良く軽量で価格が安く、プラ製で改造も簡単な良いサイトだと思う。



by fantomblack | 2018-05-20 10:15 | M4パトリオット | Comments(0)
弾速計での計測でおおよその性能を確認していたので 実際のフィールドで試してみた。
c0207113_19055683.jpg

まずはM933。
短くてタイトなバレルにPDIパッキン。
ホップが効いていないような感じで距離が伸びない。

タイトなバレルは弾の回転が少なくなるのかも?

そこでバレルを300mmの6.03mmに交換。
40メートルくらいの1メートル四方のターゲットに当たるようになった。

M4パトリオットの方は、ホップ調整で軽く50メートルのターゲットには届いて カンカンと音を立てて当たっていた。

50メートル以上離れても人間にはかなりの確率で当てる事ができそうだ。

ドラムマガジンも詰まる事も無く、取り回し性も良く、ゲームでは使いやすくてヒットを多く取ることができた。

連射スピードがノーマルの25発/秒から21発に下がってしまったが、弾の消耗を考えると このままで良さそうだ。

ARP556が羨ましく思ってカスタムを始めたパトリオットだが、発射サイクルこそ若干少ないが、初速も飛距離も大幅に超えることができたと思う。


by fantomblack | 2018-04-21 19:49 | M4パトリオット | Comments(0)
想定していたパーツは全て取り付け、初速もアップしたのでとりあえず組み立て完了。

c0207113_09282818.jpg

ドラムマガジンがゴツく見せているが、鼻先の寸法は変わらないので取り回しの良さはノーマルとほとんど変わらない。

c0207113_21315681.jpg

ストックを付けたが、M933コマンドと比較しても短く納める事ができた。
c0207113_21315610.jpg

見た目はかなりゴツいが、NEWプロサイトが軽い事もあって、重量はM933コマンドが2800gでパトリオットが2700gと軽く仕上がった。(マガジンは同じ物で計測)

次世代と比べてみる。
c0207113_22044576.jpg

さすがに質感は金属製の次世代には及ばないが、価格が半分以下な事を考えるとパトリオットのコストパフォーマンスは高いと思う。

初速は98m/sくらいに上がった代償に、サイクルは少し下がってしまった。

あとは実際にフィールドで撃って調整していこう。

by fantomblack | 2018-04-12 10:35 | M4パトリオット | Comments(0)
値段の事もあって購入を躊躇していたワイヤーストックだが、やはり短いパトリオットには短いワイヤーストックが似合いそうだ。

ショップをアチコチ探していると、上野のマイトリーで良い物を発見!

DYTAC製?のワイヤーストック。
金属製でカッコ良く、更に軽くて値段も手頃。
c0207113_20171023.jpg

これとほぼ同じ形の物で東京マルイ製のM4に付かない物が有るので注意。
c0207113_15484906.jpg

無加工で簡単に取り付けできた。
その上、ストックチューブも穴隠しのスリングスイベルも必要無し。
c0207113_20171104.jpg

ストックチューブ?が長いのでスタンダードM4にも無加工で取り付けできるようだ。

伸ばした状態。
c0207113_20171193.jpg

通常のストックと同じくらいになる。

M933と大きさ比較。
c0207113_20321363.jpg

小柄なM933より更に短い。

縮めた状態ならノーマルのストック無しと比べても取り回しの良さは遜色なさそう。
c0207113_00302030.jpg

ドラムマガジンを付けると、宇宙船みたい?
c0207113_20345983.jpg

紆余曲折を経てしまったが、パトリオットには このストックが1番似合いそうだ。



by fantomblack | 2018-04-11 08:28 | M4パトリオット | Comments(0)
パトリオットM4にツインドラムマガジンを取り付けた。
c0207113_08452412.jpg

デカイがプラスチック製なので以外と軽い。

給弾口
c0207113_08452422.jpg

小さいハッチを開いて給弾するようだ。
装弾数は1200発!
下手をするとバッテリーの方が先に無くなるかも。。。

取り付け
c0207113_08452573.jpg

パトリオット用のオプションなので(正確にはスタンダードM4用でパトリオット専用ではないが)全く問題無く装着。

見た目のインパクトは凄い!
銃が自立している。。。

持った感じは見た目ほど邪魔な感じはないが、フォアグリップがあった方が構えやすい。

同じM4系のM933に取り付け可能。
c0207113_21145098.jpg

やはりフォアグリップが無いと構え難い。

これで弾数を気にしないでバリバリ撃てるぞ!
by fantomblack | 2018-04-09 08:36 | M4パトリオット | Comments(0)
東京マルイ パトリオットM4にSBDを装着。
c0207113_22303831.jpg


モーターカバーを開けてモーターを取り出す。
c0207113_22303809.jpg

そのままではリード線が長いので、SBDをグリップ後方のスペースに入れる事を想定してちょうど良い長さでカット。
付属していた端子をカシメて取り付け。
c0207113_22303870.jpg

こんな感じ。
黒いリード線を短くカットしている。

グリップにモーターを戻して、モーターカバーにリード線が挟まらないように気をつけてカバーを閉めたら完成!
c0207113_22303952.jpg

10分くらいの作業で接点が保護させれるので、新品の状態で装着しておくのが吉だ。




by fantomblack | 2018-04-08 20:00 | M4パトリオット | Comments(0)
パトリオットはバッテリー収納部分が狭くてバッテリー交換が面倒なので、東京マルイのAN/PEQ-16 バッテリーケースを取り付けてみた。
c0207113_21413525.jpg

ミニSバッテリーを使う為には付属のスペーサーが必要だが、ハイペリオンのリポなら そのまま入れる事ができた。
c0207113_21444930.jpg

本体はそのままポン付けだが配線が届かない。(取り付け位置によるのか?)

そこでリード線を延長、ついでにヒューズもバッテリーケースに移設する。

配線をカットして延長。
c0207113_21413544.jpg

バッテリーケース内へ配線を引き込む。

蓋を閉めて完成。
c0207113_21413623.jpg

バッテリーケースとしては高価な気がするが、海外メーカーの同類品に比べればクオリティは格段に高いと思う。

何よりカッコイイよ!





by fantomblack | 2018-04-07 18:30 | M4パトリオット | Comments(0)
スプリングとピストン交換の次はバレルを交換した。

ノーマルのインナーバレルは215mm。
全長は長くしたくないので、交換したバレルは244mmの内径6.05mm。
c0207113_22283628.jpg

下がノーマル。

新しいインナーバレルが長くてフラッシュハイダーからバレルの先端が見えてしまうので、先端だけメタルプライマー+ブラックスチールで塗装しておいた。

バレル交換のついでにチャンバーパッキンも交換。
c0207113_09341243.jpg

今回はライラクス製のソフトを使用。
使っていると言う人をあまり聞かないが、個人的には良いパーツだと思う。

チャンバーとバレルの隙間にカットしたチャンバーパッキンの切れ端を入れる。
c0207113_22274977.jpg

これでチャンバーとバレルのガタがほとんど無くなった。

バレルとパッキンを組む際、ラジコン用のアンチウェアグリスを塗ってパッキンとの気密を保つようにしてみた。

計測。
c0207113_22275095.jpg

結果は 98.3m/s (0.966ジュール)
条件によっては規制を超えてしまいそうなので初速アップはここまで。

スプリングの影響でサイクルは24から21発に下がった。

バレル先端を塗装した効果。
c0207113_08391462.jpg

真鍮の黄色っぽいバレルは見えない方がカッコ良いね。

by fantomblack | 2018-04-06 18:13 | M4パトリオット | Comments(0)