ブログトップ

Black Fantom

fantomblac.exblog.jp

2足歩行ロボットブログ 

エアコキのクラウン製コルトパイソンをカスタムしたい。

いつもならメカのカスタムから外装のカスタムをするが、我が家のエアガンは規制ギリギリだったり 耐久性ギリギリだったりするので、今回は外装のカスタムだけにする予定。

c0207113_16164865.jpg


フロントとリヤサイトを撤去してゴツいスタビライザー?を取り付ける。

これに合わせて全体も塗装して 安価なエアコキっぽさを払拭する作戦。

上手く行ったら ガスリボルバーでも試そうか?
[PR]
# by fantomblack | 2018-10-18 09:10 | ハンドガン | Comments(0)
HGのマジンガーZ INFINITY Verを組み立てた。

一見すると 複雑なパーツ構成かと思ったが、実際はHGのガンダムを組み立てるくらいの手間だった。

ゲート跡と合わせ目が目立つところは サラサラの接着剤を極少量塗ると目立たなくなるので 濃い色の部分に施した。
c0207113_21192192.jpg

脚の裏 腕 肩に合わせ目とゲート跡が目立つ箇所がある。

ぱち組み完成。
c0207113_21192224.jpg

成形色の塗り分けは完璧。

仕上げは墨入れペンのブラックで墨入れし、全身に軽くシルバーでウェザリング。
最後に艶有りクリアで塗装。
c0207113_21192243.jpg

全身凸凹なのでウェザリングの効果が高い。

パイルダー
c0207113_20585538.jpg

極小。
先端の黄色の部分を塗装した。
今回 部分塗装をしたのはココだけ。

差し替えでロケットパンチを再現可能。
c0207113_21192286.jpg

ロケットパンチにはエフェクトパーツとスタンドも付属。

ジェットスクランダー
c0207113_21192242.jpg

c0207113_21192329.jpg

付属のスタンドで飛行形態でディスプレイできる。

ちょっと可動域が狭い部分もあるが、実売2000円前半で買える事を考えると 非常に優秀なキットだと思う。

グレートマジンガーも組み立てようかな。





[PR]
# by fantomblack | 2018-10-16 18:18 | プラモ | Comments(0)
M4のカスタムを振り返ってみる。

購入1カ月ごろ
c0207113_09342115.jpg

カスタム初心者として精一杯のカスタム。
マガジンプルとハンドガードに20mmレール+グリップ取り付け。

購入して半年後。
c0207113_09342208.jpg

アイアンサイトとハンドルを撤去。
マルイのプロサイト装着。
グリップとストックを交換。
マガジンをダブル。
タンとブラック部分をインディのスプレーで塗装。

内部はスプリング 軸受け ピストン シリンダー インナーバレル パッキン交換と調整で飛距離アップ。

購入1年後。
c0207113_09342264.jpg

ハンドガード交換。
アウターバレル交換。
ストック交換。
後方配線化+バッテリーをチューブへ。
ホロサイトに載せ替え。
レシーバーとストックをピクセル迷彩に塗装。
アンビマガジンキャッチ。

性能も見た目も自分好みにカスタムできるのがM4の最大の魅力。

次はどんなM4を作ろうかな。

[PR]
# by fantomblack | 2018-10-12 09:17 | M4系 | Comments(0)
今回のフローティング化で取り外したパーツ。
c0207113_09590975.jpg

M933の特徴的なパーツは全て交換してしまった事になる。

完成!
c0207113_22120831.jpg

デルタリングとガスブロックが無く、その分ハンドガードが長くて細いので、インナーバレル長はM933と同じなのに長い銃に見える。
c0207113_22211898.jpg

チューブにバッテリーを入れたのでバッテリーの存在を感じさせないのが良い。

内部カスタムで55メートルのマンターゲットを狙える性能になっているので しばらくはコイツがメインウェポンになりそうだ。

[PR]
# by fantomblack | 2018-10-11 09:34 | M4系 | Comments(0)
最近は東京マルイのプロサイトをカスタムして使っていたが、今回は安価(¥3500)な海外レプリカのホロサイトを載せてみた。
c0207113_18382228.jpg

レプリカは金属製なので質感が良い。

覗いてみる。
c0207113_18382301.jpg

照度も左右上下も調整できて使いやすい。

これで壊れなければ質感も性能もサバゲー用としては十分だ。
[PR]
# by fantomblack | 2018-10-10 09:59 | M4系 | Comments(0)
一旦はハンドガードにセパレートバッテリーを収納したが、交換が面倒なので後方配線にしてストックにバッテリーを入れることにした。

本体からストックチューブに配線するために 配線逃しのパーツを作った。
c0207113_13072248.jpg

取り付け。
c0207113_21391336.jpg

配線をストックチューブの下側まで誘導。

ストックチューブ取り付け。
c0207113_21391437.jpg

ストックチューブはバッテリーインタイプを使用する必要がある。

無事にチューブへ配線を通す事ができた。
c0207113_21391419.jpg

ストックチューブの後端が雑にカットされているのは、ストックを簡単に取り外せるようにする為。

バッテリーはセパレートタイプの薄い物なら余裕を持って収納できた。
c0207113_21391435.jpg

線が余っていても余裕で収納。

ストックを取り付け。
c0207113_21391492.jpg

ストックは1番短い位置で固定できた。

うなぎバッテリーも入れてみる。
c0207113_21391524.jpg

流石に余るが。。。
c0207113_21391589.jpg

ストックを伸ばした状態なら使用可能。

ストックチューブにバッテリーが入れば、ストックの選択肢が多く見た目もスマート。

バッテリーの種類は限定されるが、メリットは多そうだ。


[PR]
# by fantomblack | 2018-10-09 13:02 | M4系 | Comments(0)
パンケーキミックスでたい焼きを作ってみた。
c0207113_11200517.jpg

前回、パンケーキの指定の分量で作ったが何か違う感じ。。。

そこで 牛乳と卵を使わずにパンケーキミックス200g+水250cc+塩少々、餡子は市販品を使って作った。

型はパール金属製。
c0207113_11200503.jpg

水を多目にしたので型に流しやすく上手くいった。

味もパンケーキミックスと市販の餡子なのでバッチリ!

次は卵を入れてみよう。


[PR]
# by fantomblack | 2018-10-08 11:12 | 食べ物 | Comments(0)
クラウン製のエアコッキングリボルバーのコルトパイソン。
c0207113_21364028.jpg

購入価格は¥3000。
少し青っぽいメタリックフレーム。
表面は若干オモチャっぽいが 形状は良い感じ。
塗装すればかなり良くなると思う。

薬莢の後ろからBB弾を装填。
c0207113_21364163.jpg

成形色で塗装していないので プラスチック感がある。

計測してみる。
c0207113_21364178.jpg

c0207113_21364157.jpg

0.2gを使用。
最高で39m/sだった。

コッキングは重くなく、思った以上に使いやすそうだ。

外装カスタムしてみよう。

[PR]
# by fantomblack | 2018-10-06 21:32 | ハンドガン | Comments(0)
HGで一年戦争で作っている。

今回はジム。
c0207113_20130355.jpg

今回組み立てたのは一年戦争で使われたジムではなく、Zに登場したジムⅡ。

HGのジムは2001年発売の古いキットで苦戦しそうなので、2011年発売のジムⅡを組み立てた。

腕と肩だけ接着後に合わせ目消しをして、カメラ部とバルカン、バーニアを部分塗装。
シャープペン0.3mmでスミ入れして最後につや消しスプレーで仕上げ。

次はボールでも組み立てよう。


[PR]
# by fantomblack | 2018-10-04 20:01 | プラモ | Comments(0)
東京マルイのMP5クルツに 東京マルイのドラムマガジンを取り付け。

標準の約2倍 400発装填可能。
c0207113_09420599.jpg

ドラム部分が前に傾くように装着されるので、ノーマルのクルツに付けるとフォアグリップとの距離が狭くなってゼンマイを巻き難いので見送っていた。

RAS化してフォアグリップの位置を変えられるようにしたので解消されたか。。。
c0207113_09420574.jpg

ノーマルよりはマガジンとグリップの間隔は広くなった。
構えてみると ギリギリ持ち難くはないと言った感じ。

ゼンマイも巻きやすくて使用には全く問題は無さそうだ。



[PR]
# by fantomblack | 2018-09-20 09:28 | MP5 | Comments(0)