人気ブログランキング |
ブログトップ

Black Fantom

fantomblac.exblog.jp

2足歩行ロボットブログ 

バギーチャンプはリアルなルックスが魅力だが、防水メカボックスの影響でボディが少し厚く見える。
シャシーはそのままでボディをスッキリした印象にできないか思案中。

5mmくらいボディを低くマウント。
タミヤバギーチャンプ カスタム ボディ_c0207113_08301507.jpg
ノーズを薄くカットすれば薄く見えそう。

ルーフも前を下げる。
タミヤバギーチャンプ カスタム ボディ_c0207113_08332495.jpg
前傾姿勢になって効果がありそう。

ロールバーを下げてボディ後半も低くマウント。
タミヤバギーチャンプ カスタム ボディ_c0207113_08343079.jpg
マスキングテープを貼ったところまでカットしてもメカボックスは見えない。

これだけ薄くできればカッコ良くなりそうだ。


# by fantomblack | 2020-04-01 08:27 | バギーチャンプ | Comments(0)
タミヤの1/10 バギーチャンプをカスタムしようと思う。
タミヤ バギーチャンプをカスタム 組み立て_c0207113_23021706.jpg
オリジナルは1979年発売のようなので、すでに40年以上経過している。
発売当時、親戚から譲り受けて所有していたので思い出深い。

パッケージを開けてみる。
タミヤ バギーチャンプをカスタム 組み立て_c0207113_23052336.jpg
懐かしいブリスターの中台紙。

早速組み立て。
タミヤ バギーチャンプをカスタム 組み立て_c0207113_23064682.jpg
凄い存在感のリヤギヤボックス。
タミヤ バギーチャンプをカスタム 組み立て_c0207113_23073203.jpg
当時からの構造?
バンプストッパー付きリヤサス。

フロントも改良されている様子。
タミヤ バギーチャンプをカスタム 組み立て_c0207113_23082220.jpg
ストロークが短いが、圧倒的なリアル感。

複雑なサーボセイバーも再現されている。
タミヤ バギーチャンプをカスタム 組み立て_c0207113_23100031.jpg
実際に走らせるにはちょっと心配。。。

バギーチャンプ最大の特徴?防水メカボックス。
タミヤ バギーチャンプをカスタム 組み立て_c0207113_23110630.jpg
受信機を入れるスペースもそのまま。
トーションバースプリングはメカボックスの底面で位置決めされている。

あっと言う間にココまで組み立て。
タミヤ バギーチャンプをカスタム 組み立て_c0207113_23125561.jpg
部品数が少ないので、約1時間でココまで組めた。

40年以上前、ラジコンに対する知識も少なく、更に今の様に情報が入手し難い状況でも確実に組み立てられる様な工夫が随所に見られる素晴らしい設計。

さあ、ここから細部を計測して改造プランを練ろう。



# by fantomblack | 2020-03-31 23:00 | バギーチャンプ | Comments(0)
バンダイのミニプラ キラメイジンを組み立てた。
バンダイのミニプラ キラメイジン組み立て_c0207113_21393092.jpg
最近、スーパーミニプラの方は高額になる過ぎているように感じて少し遠ざかり気味だったが、戦隊ロボは玩具版よりミニプラ版の方がカッコ良いので購入、組み立てた。
バンダイのミニプラ キラメイジン組み立て_c0207113_21413856.jpg

バンダイのミニプラ キラメイジン組み立て_c0207113_21413969.jpg

バンダイのミニプラ キラメイジン組み立て_c0207113_21414032.jpg

バンダイのミニプラ キラメイジン組み立て_c0207113_21414161.jpg

バンダイのミニプラ キラメイジン組み立て_c0207113_21414207.jpg
ファイヤは3箱使用。
シールは綿棒を使って密着させた。
ファイヤの拳のピンが細くて折れそうな事以外は強度も高そう。
バンダイのミニプラ キラメイジン組み立て_c0207113_21435576.jpg

バンダイのミニプラ キラメイジン組み立て_c0207113_21435774.jpg

バンダイのミニプラ キラメイジン組み立て_c0207113_21435821.jpg
プロポーションも可動も玩具版を大きく凌ぐ!
ただ、ラッチ機構が無いのでカッチと感は玩具版の方が格段に良い。

頭だけは差し替えだが、お陰でプロポーションは格段に良い印象。

クリアパーツも多用されて良いキットだと思う。

# by fantomblack | 2020-03-30 21:38 | プラモ | Comments(0)
スーパーミニプラの真ゲッター1を組み立てた。
スーパーミニプラはシールが貼りにくかったり、合体物は差し替えが多かったりで魅力を感じなくなっていたが、半額で売られていたので購入した。
スーパーミニプラ 真ゲッター1組み立て_c0207113_08252822.jpg
少ないシールでほぼ完璧な色分け。
仕上げはシャープペンで少し墨入し半光沢スプレーで仕上げた。
個体差なのかボールジョイントがゆるゆるの箇所があったがセロテープを咬まして対応した。

目立つ合わせ目も少なくシールも最小限、可動域も広く思った以上に良いキットだった。


# by fantomblack | 2020-03-26 08:24 | プラモ | Comments(0)
バンダイフギュアライズ仮面ライダービルドを素組みした。
バンダイフギュアライズ仮面ライダービルドを素組み_c0207113_10240079.jpeg
バンダイフギュアライズ仮面ライダービルドを素組み_c0207113_10175142.jpg

バンダイフギュアライズ仮面ライダービルドを素組み_c0207113_10175284.jpg

バンダイフギュアライズ仮面ライダービルドを素組み_c0207113_10175282.jpg

バンダイフギュアライズ仮面ライダービルドを素組み_c0207113_10175351.jpg
パーツ点数は少なく組み立てやすく短時間で格好良いビルドが完成した。

シールの質感が気になったのでクリアスプレーで仕上げている。

ただ、最近のガンプラのような完璧な色分けではなく、大量のシール貼りが必要だった。
シールの精度が高く正確に貼れれば良いが、曲面へのシールも多く子供には難しいかもしれない。

合わせ目も多くて基本的には塗装で仕上げるキットのようだ。

# by fantomblack | 2020-03-22 10:14 | プラモ | Comments(0)
京商の1/10電動バギー「ラリースポーツ」
箱絵はルノーだが、このキットはスペースバギーと言うオリジナルデザインのボディが入っていた。
京商 1/10電動バギー ラリースポーツはスコーピオンの先祖?_c0207113_19090089.jpg
ボディカット済みの組み立て済み。

良くみると。。。
京商 1/10電動バギー ラリースポーツはスコーピオンの先祖?_c0207113_19125879.jpg
サスアームやギヤボックスがスコーピオン&トマホークと酷似。

フロントはダブルウィッシュボーンでスコーピオン系とは大きく異なる。
京商 1/10電動バギー ラリースポーツはスコーピオンの先祖?_c0207113_19145121.jpg
工具無しでスプリング調整が可能だったり、かなり凝った構造。

箱によると実車を参考に設計されたようだ。
京商 1/10電動バギー ラリースポーツはスコーピオンの先祖?_c0207113_19173555.jpg
この時代の実車としても高性能な部類のサスペンションだと思う。

この車両がスコーピオン系の先祖なのは間違いない。

ラジコンカーがスケール感を重視していた時代なので、BAJAバギーを作るにあたって、フロントをダブルトレーリング式にしてオイルダンパーも付けたのかもしれない。

スペースバギーボディがあまりカッコ良くないので、元に戻せる範囲で改造してトマホークのボディを乗せてみようか。。。。

# by fantomblack | 2020-03-18 19:06 | ラジコン | Comments(0)
フロントモノショックオイルダンパー仕様のマイティフロッグのスプリングをボディカラーに合わせて塗装した。
マイティフロッグ フロントモノショックオイルダンパー スプリング塗装_c0207113_23473637.jpg
スプリングを洗浄後、サンドペーパーで表面を荒らしてからプライマーを塗ってポリカ用ピンクで仕上げ。
簡単な作業の割にはイメージチェンジできたと思う。
すぐに禿げそうだけど。。。

# by fantomblack | 2020-03-17 23:46 | マイティフロッグ  | Comments(0)
ファントムのトレーディングカードを作ってもらっているとき「機体の名前は?」 と聞かれ。。。

自分のロボットなのに覚えていない。。。

0号機
ファントム何号?_c0207113_20080503.jpg
人生初ロボット。
KHR-1を買ったが、調整しきれずKHR-R仕様に組み直した機体。
サッカーやイベントに多く出場したので思い出深い。

初めての自作ロボットのファントム1号。
ファントム何号?_c0207113_19562359.jpg
脚にヨー軸が付いていたのでスラロームは良かった。
ROBO-ONEのスロープも通過して本戦へ。

2号
ファントム何号?_c0207113_19585773.jpg
この機体が2号なのか、すでに記憶が曖昧。
バトルで勝ちたくて「だっちゅーの」関節構造。
投げ技を使って、強いロボットに勝つ事も。

3号
ファントム何号?_c0207113_20012698.jpg
6000サーボを使いたくて製作。
重心位置と重量に苦労した記憶が。
作ったタイミングが悪くあまり稼働できなかった。。。

4号
ファントム何号?_c0207113_20035114.jpg
ジャンクパーツから組んだ機体。
歩行モーションを作ったくらいで動かさず引退。

5号
ファントム何号?_c0207113_20055771.jpg
2号と3号の経験を活かして製作。
赤い部分を発光させてイベント映えも考えたが現在まで出番無し。

レフェリー
ファントム何号?_c0207113_20103775.jpg
KHR-3を改造。腰とデコレーションは自作。

ゴブリン
ファントム何号?_c0207113_20122442.jpg
1kg級。
チキチキロボマッチ5連勝。

また新しいサーボで新しい機体を作りたい気もするが。。。

# by fantomblack | 2020-03-12 19:54 | ロボット | Comments(0)
マイティフロッグのバッテリーはシャシー裏から行うが、ピンが外しにくくバッテリー交換が面倒。

M05の様にピンでバッテリー抑えを外せるようにする。
マイティフロッグ バッテリー交換_c0207113_22441355.jpg

ノーマルはネジで固定されているバッテリー抑えを新造。
マイティフロッグ バッテリー交換_c0207113_21060149.jpg

マイティフロッグ バッテリー交換_c0207113_21060119.jpg

マイティフロッグ バッテリー交換_c0207113_21060249.jpg

ピンを外すだけでバッテリー交換が完了!

この改造でバッテリーをモーターの反対側にオフセットマウントしている。
マイティフロッグ バッテリー交換_c0207113_21060259.jpg

ついでにバンパーもオリジナルに換装。

カスタムできる要素が多いのが旧車の魅力のひとつだと思う。

# by fantomblack | 2020-03-07 19:06 | マイティフロッグ  | Comments(0)
サバゲーでドラムマガジンを使っていたが、弾切れの心配が無いせいか無駄弾を多く使っているようで消耗が早い。。。

300連マガジンを使おうと思ったが、やはり弾切れが心配。
携行すれば良いのだが。。。

そこで、スコーピオンで作って使い勝手の良かった3連マガジンクリップのM4仕様を作った。

東京マルイ パトリオット他M4系対応3連マガジン_c0207113_11110075.jpg

ABS削り出しで製作。
マガジンの色がバラバラなのが気になるが。。。

装着。
東京マルイ パトリオット他M4系対応3連マガジン_c0207113_11110093.jpg

アンビキャッチマガジンボタンには使いにくいが通常のM4なら問題無く使える。

300連×3で900発。
ドラムマガジンの1200発に比べれば少ないが十分だろう。



# by fantomblack | 2020-03-07 10:37 | M4系 | Comments(0)
ダンボール箱に入れていた古いエンジンバギーの状態を確認しようと車体を持ち上げると、タイヤの変形を防ぐためのウマ代わりに古いラジコンマガジンが数冊敷かれていた。
竹川スペシャル ラジコンマガジンの記事_c0207113_08513515.jpg

その中の一冊にエンジンバギーの記事があった。そこに竹川スペシャルの記事も。
竹川スペシャル ラジコンマガジンの記事_c0207113_08513503.jpg

スーパースポルト竹川バージョン。
この記事の時点では受注生産で5台作られていたようだ。
竹川スペシャル ラジコンマガジンの記事_c0207113_08513576.jpg

自分のタケスペは発売の告知を見てすぐに千葉のフタバ模型で発注して購入した物。
タイヤ、ウイング、マフラーは無限精機。
ウイングマウントはレーシングジャックの削り出し。

ネットやオークションでも、足回りだけを鉄足にしたスポルトを見かけた事はあるが、このコンプリートキットの車体は見た事がない。

記事によると1990年に発売されたようなので、すでに30年以上経過している。

最終的に何台作られたんだろう?
レースでの活躍は?
情報も台数も少ない、正に幻のマシンだ。





# by fantomblack | 2020-03-04 08:27 | タケカワスペシャル 竹川スペシャル | Comments(0)
スターディッシュホイールとワイドグルーブドタイヤを買ってきたが、サイズが違っていた。
マイティフロッグ タイヤ交換_c0207113_00102464.jpg

誤魔化して走らせたが、適合サイズのリブスパイクタイヤと入れ替えた。
マイティフロッグ タイヤ交換_c0207113_00102501.jpg

細くて左右で違うパターン。
当然ながらサイズぴったり。
切り始めの反応が良さそう!



# by fantomblack | 2020-03-02 23:55 | マイティフロッグ  | Comments(0)
先日、駐車場で試走させたマイティフロッグを公園で試走させた。
マイティフロッグ フロントモノショック改造 オフロードで試走_c0207113_08361146.jpg

短い芝の路面。
シーソーのように動きスタビライザーで均等を制御してオイルダンパーはほとんど動かないモノショックは凸凹路面で跳ねてしまうだろうと予想していたが意外にも安定して走行していた。

途中で挙動がおかしくなったので確認してみるとスタビライザーが外れていた。
ピアノ線1本の簡単なパーツだが効果は大きいようだ。

娘さんに貸して走らせていると木にヒット!

ステアリングが動かないので見てみると。。
マイティフロッグ フロントモノショック改造 オフロードで試走_c0207113_08361226.jpg

ハイトルクサーボセイバーがポッキリ。
ノーマルの4mmボールエンドだったら外れるだけで済んだかもしれない。
ダイレクトサーボセイバーはグリスアップして動きをスムーズにした方が良さそだ。

今回の試走で改善したい部分があったので引き続きカスタムしていこう。


# by fantomblack | 2020-03-02 08:25 | マイティフロッグ  | Comments(0)
うましかの腕、電気なまず、宮川ゴムのパッキン、ノーマルを加工したインナーバレルを組み込んだVSR-10を試射場で撃ってみた。
VSR-10 Gスペック カスタム 検証 飛距離アップ_c0207113_18541476.jpg

後ろのネットは目視で60メートル弱。
0.2gでは上に上がり過ぎ。
0.25gでホップ調整を調整すると後ろのネットまで飛んでいた。

40メートル先の板と缶までは、ほぼ直線弾道で飛んで当てることができた。
その先はターゲットの板が無かったので正確には分からないが、飛距離から推測すると50メートルの人間に当てることはできそうだ。

電動フルオートのカスタムでも同じ様な飛距離と命中精度は出せるので、VSRを使うのはやはりロマンか。。。

音が静かなのが一番のメリットか?
# by fantomblack | 2020-03-01 12:36 | VSR-10 | Comments(0)
VSR-10 Gスペックに宮川ゴムのパッキンを取り付ける。
VSR-10 Gスペックカスタム 宮川ゴムパッキン_c0207113_22002300.jpg

硬度違いの2種とホップゴムがセットになっている。
今回は硬度60を使用。

以前、ファイアフライのうましかの腕と、その付属の電気なまずを組み込んでいた。
(うましかパッキンも組んだが個体差かサイズが微妙に合わず使わなかった)

宮川ゴムのパッキンは透明で組んだ後の状態が分かるので、今回の作業で気が付いた事が。
VSR-10 Gスペックカスタム 宮川ゴムパッキン_c0207113_22002367.jpg

インナーバレルの開口位置と電気なまずの位置が合っていない。
この状態では電気なまずがインナーバレルの開口に入らずホップがかかりにくい。

うましかの腕は見た目に反して安くない部品なので、なんとか使えるようにインナーバレルを加工した。
VSR-10 Gスペックカスタム 宮川ゴムパッキン_c0207113_22002390.jpg

後端の一部をカット。
ちょっと不安だが、この加工で電気なまずは所定の位置に来るようになった。

宮川ゴムパッキンの2つの凸が均等に出るように慎重に組み込む。

試射してみると初速が交換前より1.5m/sくらいアップしていた。

命中精度は広い場所で撃っていないので定かではないが、6メートルで2cm×2cmの的に当てることができたので期待はできそうだ。

それにしてもエアソフトガンのパーツは付け方が分からない商品が多い気がする。。。


# by fantomblack | 2020-02-27 21:42 | VSR-10 | Comments(0)
フロントをモノショック化していたマイティフロッグが完成。
マイティフロッグ改造 フロントモノショックカスタム完成_c0207113_08371007.jpg

ホイールはアフター扱いのスターディッシュの黒。
マイティフロッグ改造 フロントモノショックカスタム完成_c0207113_08371079.jpg

何故か速そうに見えるモノショックサス

二本のオキールアンテナは破損を防ぐために短くカット。
マイティフロッグ改造 フロントモノショックカスタム完成_c0207113_08371022.jpg

リヤダンパーはフロントに合わせてCVAに交換。
モーターはトルクチューン。
マイティフロッグ改造 フロントモノショックカスタム完成_c0207113_08371083.jpg

まともに走るのか疑問だったモノショックサスだが、駐車場のアスファルトで走らせてみると意外にも曲がるし良く走った。
元々のマイティフロッグの特性なのかモノショックの効果か分からないところもあるがとりあえずは良さそうだ。
# by fantomblack | 2020-02-26 08:17 | マイティフロッグ  | Comments(0)
モノショック化して車体の平行が不安定になりそうなのでスタビライザーを取り付け。
マイティフロッグ 改造 フロントスタビライザー_c0207113_08274774.jpg

ボディマウントを兼ねたスタビライザーホルダーを自作。
スタビライザー本体はピアノ線を曲げて製作。

スタビライザーをプライマー+ポリカスプレーで塗装して完成。
マイティフロッグ 改造 フロントスタビライザー_c0207113_08274807.jpg

手で動かした感じではホットショットと同じような動きになっていたので一応はうまくいったようだ。

あとはモーター交換と細部の仕上げで完成だ。

# by fantomblack | 2020-02-25 08:20 | マイティフロッグ  | Comments(0)
改造中のマイティフロッグにメカ積み。

使ったのは最も安価で入手できるXBで使われているタミヤのファインスペック2.4Gセット。
送受信機からアンプ、走行用バッテリーまで付いて実売1万円程度。
安価な入門セットだが、80年代当時の入門機に比べれば同じか、それ以上だろう。

配線をゴチャゴチャさせないように長い線はカットしてコネクターを付け替え。
タミヤ マイティフロッグ改造 メカ積み_c0207113_22194477.jpg

愛用のカシメ工具と皮剥き。

ついでに走行用の配線に使われているコネクターをT型に効果してメカ積み完了!
タミヤ マイティフロッグ改造 メカ積み_c0207113_22194439.jpg

配線が隠れてスッキリ。
ステアリングのサーボは中心に積んで左右均等にした方が良いが、敢えてノーマルと同じ位置にセットした。

もう少しで完成だ。

# by fantomblack | 2020-02-22 22:09 | マイティフロッグ  | Comments(0)
再設計したフロントモノショックが形になった。

ノーマル
タミヤ マイティフロッグ改造 フロントモノショックダンパーカスタム_c0207113_23273414.jpg

金具の形状すらフロッグ感が滲む。。。

改造後。
タミヤ マイティフロッグ改造 フロントモノショックダンパーカスタム_c0207113_08302287.jpg

形状だけでなく、ネジ類もノーマルっぽさを重視するためにナベビスとナイロンナットを使用。

トルクロッドもそのまま。
タミヤ マイティフロッグ改造 フロントモノショックダンパーカスタム_c0207113_08302258.jpg

若干の手直しをしたいところもあるが、とりあえず動作はOK。

やはり動作させてみるとホットショットやフォックスにも装備されていたスタビライザーは必須のようだ。

次はスタビライザーを製作しよう。
# by fantomblack | 2020-02-18 08:21 | マイティフロッグ  | Comments(0)
全てのガオーマシンとパーツが組み上がったので合体させてみる。
コトブキヤ勇者王ガオガイガー クロスフレームガール ガオガイガー ファイナルフュージョン_c0207113_08405629.jpg

関節の保持力もちょうど良くゴテゴテしている割にはしっかりしている。
コトブキヤ勇者王ガオガイガー クロスフレームガール ガオガイガー ファイナルフュージョン_c0207113_08405664.jpg

このギャレオンの顔とガールの胸が外れやすい。
ギャレオンの顎が開閉するが外れやすいので接着してしまった。
ヘルアンドヘブンを再現するためか胸が可動式になっているが、そこも外れやすい。
ここは一体になっている合体専用の胸部が欲しかった。
コトブキヤ勇者王ガオガイガー クロスフレームガール ガオガイガー ファイナルフュージョン_c0207113_08405793.jpg

ディバイディングドライバーの他にプロテクトシェードやヘルアンドヘブン用の拳も付属し、差し替えは多いが劇中の様々な形態やシーンを再現できる濃い内容になっている。

スネパーツの破損と胸のポロリ以外は満足度の高いキットだった。

もう一個買って、ポロリ部分を接着して遊べるガオガイガーを作りたくなる。。。。



# by fantomblack | 2020-02-17 08:15 | プラモ | Comments(0)
クロスフレームガールのガールをフュージョン。
クロスフレームガール ガオガイガー ガイガー ギャレオン_c0207113_00225428.jpg

ガイ兄ちゃん?
差し替えパーツは多め。

ギャレオン!
クロスフレームガール ガオガイガー ガイガー ギャレオン_c0207113_00225429.jpg

むぅ。
やっぱりギャレオンのコスプレ。
それでもギャレオン感が伝わってくる造形が素晴らしい。。。

ガイガー!
クロスフレームガール ガオガイガー ガイガー ギャレオン_c0207113_00225414.jpg

こちらも、ちゃんとガイガーになっているのが良い。

これだけで販売しても良いかも。
噂通り胸のポロリはひどいが、造形は素晴らしい!!



# by fantomblack | 2020-02-17 00:17 | プラモ | Comments(0)
クロスフレームガール ガオガイガーのステルスガオーとドリルガオーを組み立て。
コトブキヤの勇者王ガオガイガー クロスフレームガール ガオガイガー ステルスガオー ドリルガオー_c0207113_19570518.jpg

色分けも完璧。

そしてドリルガオー。
コトブキヤの勇者王ガオガイガー クロスフレームガール ガオガイガー ステルスガオー ドリルガオー_c0207113_19570664.jpg

プロポーションも色分けも完璧だが、ちょっと問題が。。。

ネットで情報を得ていたので回避できたが、非常に破損しやすい部分がある。
コトブキヤの勇者王ガオガイガー クロスフレームガール ガオガイガー ステルスガオー ドリルガオー_c0207113_19570620.jpg

L9 の丸いボス穴が100%破損する。
L22の軸が太く嵌合がキツくて可動させると折れてしまう。

L22の軸部分を少し削ってゆるくして対応。
保持力はいらない部分なのでゆるくても問題無し。
この部分は改良して欲しいところだ。

ここ注意。
コトブキヤの勇者王ガオガイガー クロスフレームガール ガオガイガー ステルスガオー ドリルガオー_c0207113_00001631.jpg

形状重視で仕方がないが、M10の窓枠が折れやすい。
うっかり折ってしまい修正することになってしまった。





# by fantomblack | 2020-02-16 19:13 | プラモ | Comments(0)
コトブキヤの勇者王ガオガイガー クロスフレームガール ガオガイガーを組み立てる。
コトブキヤ 勇者王ガオガイガー クロスフレーム・ガール ガオガイガーを組み立てる。ライナーまで。_c0207113_12281134.jpg

ガオガイガー好きとしては発売前から興味を持ち、予約し発売と同時に入手。

いざ組み立てようとしたが。。。
コトブキヤ 勇者王ガオガイガー クロスフレーム・ガール ガオガイガーを組み立てる。ライナーまで。_c0207113_10221009.jpg

24枚。
さらにライナーガオーの窓はデカールが無く塗装する必要がありそう。

パーツの多さと塗装が必要な事から製作を躊躇っていたが、意を決して組み立てを開始した。

ガールが完成。
コトブキヤ 勇者王ガオガイガー クロスフレーム・ガール ガオガイガーを組み立てる。ライナーまで。_c0207113_20120818.jpg

ガオガイガーで言うところの凱兄ちゃん形態?
コトブキヤ 勇者王ガオガイガー クロスフレーム・ガール ガオガイガーを組み立てる。ライナーまで。_c0207113_20131558.jpg

上腕と太腿は合わせ目があるのでABS接着剤でムニュの後スポンジの研磨材で仕上げた。
胸の網?部分とパンツのリボンを部分塗装、髪を艶消しで仕上げた。

付属品。
コトブキヤ 勇者王ガオガイガー クロスフレーム・ガール ガオガイガーを組み立てる。ライナーまで。_c0207113_12281271.jpg

ガイガーやギャレオン形態の為のパーツ。
変形は全部組んでからのお楽しみ。

ガールの次はライナーガオー。
コトブキヤ 勇者王ガオガイガー クロスフレーム・ガール ガオガイガーを組み立てる。ライナーまで。_c0207113_12281296.jpg

側面の窓部分が色プラになっていないが、非常に目立つので塗装した。
ここはデカールが欲しいところだ。

残るはステルスとドリルの組み立てだ。


# by fantomblack | 2020-02-16 08:56 | プラモ | Comments(0)
マイティフロッグの調整式アッパーアームを作成。
タミヤ マイティフロッグ 改造 アジャストアッパーアーム_c0207113_23254180.jpg

タミヤ マイティフロッグ 改造 アジャストアッパーアーム_c0207113_23254134.jpg

これでキャンバー角の調整が可能になった。

へっぽこドライバーの自分にはキャンバー角が変わっても特性の変化が感じられないかも。

それでもメカっぽくて良いよ。
# by fantomblack | 2020-02-12 23:22 | マイティフロッグ  | Comments(0)
マイティフロッグのステアリングには4mmのボールエンドが使われている。

子供の頃から、このボールエンドが緩くて外れやすい印象があった。

そこで、現代主流の5mmボールエンドに交換する。
タミヤ マイティフロッグ 改造 5mmボールエンド_c0207113_22182723.jpg

ロッドも細く見るからに弱そう。

ナックルに付いているボールを六角レンチで取り外し、2.6mmのドリルで下穴を開けてからM3のタップでネジ穴加工。

取り付け。
タミヤ マイティフロッグ 改造 5mmボールエンド_c0207113_22182717.jpg

ナックルアームは思った以上に硬かった。

M2.6からM3へ拡大したのでナックルの強度が少し心配だが、ボールエンドは外れにくくなったはずだ。



# by fantomblack | 2020-02-11 20:47 | マイティフロッグ  | Comments(0)
サスアームを再設計する間にマイティフロッグのボディをペイントする。
最近はペインターさんにオーダーしてばかりで自分で塗装するのは数年ぶりだ。

説明書の通りに黒、白、ピンクの三色で塗って窓枠はシールで仕上げ。

しかし、窓枠のシール貼りに失敗!
タミヤ マイティフロッグ  改造 ボディ塗装_c0207113_11411381.jpg

仕方がないので窓枠を表から塗る事に。。。

ボディで1番目立つNGKのシールが旧版と変わってしまっていたので友人に頼んで再現してもらいプリンターで出力。
タミヤ マイティフロッグ  改造 ボディ塗装_c0207113_11411337.jpg

他にも旧版と違う絵柄もあったが、NGK以外はそのまま使った。

ライトとウイングも塗装して完成!
タミヤ マイティフロッグ  改造 ボディ塗装_c0207113_10242706.jpg

コレコレ! マイティフロッグが数十年ぶりに我が家に帰ってきた感じ!

ウイングはカットに失敗してタミヤのバギー用ウイングを短くカットして使用している。

久しぶりのボディ塗装に少し苦戦したが完成すれば大満足。





# by fantomblack | 2020-02-10 11:04 | マイティフロッグ  | Comments(0)
マイティフロッグのフロントにオイルダンパーを付けてモノショック化している。

ノーマルパーツを加工しても実現できそうだが、サスアーム類を新造した。
タミヤ マイティフロッグ 改造 フロントオイルダンパー モノショックカスタム_c0207113_16353265.jpg

ロアアームとアーム。

組み付け。
タミヤ マイティフロッグ 改造 フロントオイルダンパー モノショックカスタム_c0207113_16353385.jpg

動作はしたが、寸法に余裕を持ち過ぎているのと、ストロークを規制する必要がある事が分かった。

現物を計測しながら再設計しよう。






# by fantomblack | 2020-02-08 16:26 | マイティフロッグ  | Comments(0)
マイティフロッグの改造で金属パーツにΦ5mmの穴を開ける必要が出てきた。

我が家にはピンバイスしか無い。。。

電動ドリルを買おうか悩んでいる時に発見したのがコレ
ウェーブ ワンタッチピンバイスL_c0207113_20535212.jpg

ウェーブのワンタッチピンバイスL。
グリップと専用ドリルで購入価格¥1200。

グリップが太いので握りやすく簡単に加工できた。
ウェーブ ワンタッチピンバイスL_c0207113_20535254.jpg

ドリルが専用なので汎用性は低いが、今回の作業ではベストな工具だったと思う。

# by fantomblack | 2020-02-07 20:43 | マイティフロッグ  | Comments(0)
マイティフロッグはバッテリーが露出しているのでバッテリー表面が傷みやすい。

そこでサイドガードを兼ねたバッテリーカバーを製作。
タミヤマイティフロッグ 改造 サイドガード_c0207113_08332444.jpg

ABS製。

取り付けは両面テープ。
タミヤマイティフロッグ 改造 サイドガード_c0207113_08332495.jpg

バッテリーとシャシーに挟まれているので両面テープでも外れない構造だが、実際に走行して検証しよう。

シャシーを組んで違和感が。。。
タミヤマイティフロッグ 改造 サイドガード_c0207113_08332579.jpg

何か足りない。

復刻版では左右のフレームを金属丸棒で繋いでいるが、旧版ではスピードコントローラーを取り付ける金属板が付いていた。

性能には関係無いが、見た目の印象が貧弱だったので、旧版を模したパーツを制作した。
タミヤマイティフロッグ 改造 サイドガード_c0207113_08332541.jpg

タミヤマイティフロッグ 改造 サイドガード_c0207113_08332572.jpg

そうそう、この感じ。
裏側に受信機でも取り付けよう。


# by fantomblack | 2020-02-07 08:06 | マイティフロッグ  | Comments(0)
ドイツ ニュルンベルクで開催されたシュピールヴァーレンメッセ2020へ。
シュピールヴァーレンメッセ2020_c0207113_06023666.jpg

入り口にモンスタージャム2019西武球場で見たモンスタートラックが!
シュピールヴァーレンメッセ2020_c0207113_06023696.jpg

西武球場で爆走していた勇姿を思い出す。
シュピールヴァーレンメッセ2020_c0207113_06023759.jpg

日本では扱いの少ないモンスタージャム商品はドイツでは豊富。
欲しかったモンスタージャムのミニカーを購入。

メッセ会場は一日では周り切れないほど大規模。

日本で見かけないビックスケールのミニカー
シュピールヴァーレンメッセ2020_c0207113_06023745.jpg

大きいだけでなく非常に精密。

お待ちかねのタミヤブース
シュピールヴァーレンメッセ2020_c0207113_06023710.jpg

シュピールヴァーレンメッセ2020_c0207113_06023714.jpg

新規金型のものはほとんど無かった。

京商では新製品のミニッツサイズのクローラーが展示されていた。

鉄道模型からドールハウスなど日本ではマイナーなカテゴリーでもドイツでは充実。
シュピールヴァーレンメッセ2020_c0207113_06023761.jpg

日本とは比べ物にならないくらい奥深いホビー文化を目の当たりにした。



# by fantomblack | 2020-02-04 03:21 | プラモ | Comments(0)