ブログトップ

Black Fantom

fantomblac.exblog.jp

2足歩行ロボットブログ 

ショップで見かけない宮川ゴム製のチャンバーパッキン。
c0207113_15274113.jpg

アマゾンで¥1000。
それも3種類入っている。
純正品より安いかも?

気に入らなければ返金する旨が書いてある。性能に自信があるようだ。

「純正より0.1mm太いので入りにくい」と書いていたが、PDIのパッキンほどはキツくもなくすんなり組み込む事ができた。

今回は3種類のうちVパッキンを選んで使用。
Vのエッジ部分はRが付いている。
摩耗のためか集弾性能のためか?



# by fantomblack | 2019-02-22 20:25 | Comments(0)
バンダイのリアルグレードRX-78ガンダム バージョンジーエフティーを組み立てた。

コアファイター
c0207113_19130785.jpg

この寸法で合体変形が可能。

完成。
c0207113_23363824.jpg

ことごく細分化されていて完璧な色分け。
c0207113_19130854.jpg

スミ入れや汚しは施さないで艶消しスプレー仕上げ。

今回デカールは貼らないで仕上げた。
作業が面倒な事もあるが、元々パネルラインで色分けされていて情報量が多いのでシンプルに仕上げるのも良いと思う。

気合の入ったパーツ分割と細かさで組み立ては難儀した。。。




# by fantomblack | 2019-02-17 18:51 | プラモ | Comments(0)
F-toys シンカリオン を組み立てた。
c0207113_08503749.jpg

¥500で購入。

接着剤不要の簡単キットだが、未就学児には難しいかも。

シンカリオン モード
c0207113_08503761.jpg

すでに塗装されていて無塗装でこの状態。

シンカンセンモード
c0207113_08503731.jpg

2両編成。

変形はタカラトミー版とのと最大の違いは胸の伸縮機構。
c0207113_08503813.jpg

この機構のおかげで ロボットと車両の両形態が両立している。

タカラトミー版と比べてみる。
c0207113_08503822.jpg

大きさは半分くらい。
スタイルはF-tots版が劇中に近い印象。

可動も大きくスタイル良好。
ただ、ロック機構が無いのでカチっとした変形ではない。

塗装済みで変形してこのクオリティが¥500で買えるのは驚き。

ガシガシ遊ぶ感じではないが ロボット好きなら買いだ。



# by fantomblack | 2019-02-12 08:37 | 玩具 | Comments(0)
最初、単4のアルカリ電池で走らせていたが、ニッケル水素バッテリーを借りて走らせてみると速さにびっくり!

そこでニッケル水素バッテリーを導入することにしたが、問題は充電器。
ミニッツ本体を、せっかく安いセットにしたのに充電器にコストをかけたくない。。。

そこでロボットやエアガンの充電に使っているサンダーパワーの充電器を使ってみた。
c0207113_11532680.jpg

単4が入るホルダーを購入して接続。
問題無く充電できたと思うが。。。


# by fantomblack | 2019-02-08 11:36 | ラジコン | Comments(0)
加工と組み立てを完了してフォアグリップを取り付けて完成!
c0207113_20482105.jpg


ビフォーアフター
c0207113_20482229.jpg

約5cm短くなっただけだが、見た目の印象は大きく変わった。

パトリオットと比較。
c0207113_20513846.jpg

トリガーから前はパトリオットより短くなった。

この長さなら 取り回しも良さそうだ。

# by fantomblack | 2019-02-08 09:00 | M4系 | Comments(0)
ミニッツRWDに付属している送信機が安っぽい。。。

へたっぴな自分には性能的には十分で高い送信機のセットもしばらくは必要無さそうだし。。。

そこで送信機を塗ってみる。
c0207113_09153936.jpg

エアガンに使っている、インディのブラックパーカーで塗装した。
c0207113_09154047.jpg

分かりにくいが、プラスチックっぽい艶が消えて、すこーしだけ質感アップ。

ついでにボディもクリアでオーバーコートしてみた。
c0207113_09154090.jpg

こちらは普通に効果アリ。

走行性能には関係ないけどね。
# by fantomblack | 2019-02-07 08:59 | ラジコン | Comments(0)
先日のサバゲーで使用してみて、ちょっと長さが気になったM933改フローティング仕様。
c0207113_08435027.jpg

そこで、ハンドガードを短い物に交換する事にした。
c0207113_08435140.jpg

色が合わないのでミッチャクロン+インディのブラックパーカーで塗装してから取り付ける。

今回不要になったパーツ
c0207113_08435188.jpg

ライラクス の分割式インナーバレルを使用していたので長さ調整が簡単だった。

当然はみ出すインナーバレル。
c0207113_20274404.jpg

ピラニアソーでカット。
c0207113_20274467.jpg

皿モミのドリルで面取りして仕上げ。

インナーバレルとアウターバレルにガタが有った。

今回の改造でインナーバレルがはみ出している時にアウターバレルとインナーバレルの隙間が大きくてガタがある事に気がついた。

ガタが大きいと言っても 、何か挟むほど隙間は大きくないので、ラジコンのシールを用意。
c0207113_20274459.jpg

インナーバレルに一周巻くように貼る。
これでキツくもなくガタが解消する。。。と思ったらバレルが入らない!

そこでインナーバレルを組み込んでから、アウターバレルとインナーバレルの隙間に小さく切ったシールを挟み込んでみた。

この加工でガタはほとんど解消した。

先日撃った際に球のバラツキが多少あったので、原因はココだったかもしれない。



# by fantomblack | 2019-02-07 08:37 | M4系 | Comments(0)
マジンガーZに続いてグレートマジンガーを組み立て。

凸凹が多いデザインなので全部のパーツにスミ入れとシルバーのドライブラシ。
c0207113_12583028.jpg

大まかな部位に分けてクリア塗装。
c0207113_12583170.jpg

左が未処理。
画像だとわかりにくいが、シルバーのドライブラシとクリア塗装で金属感がかなり向上する。

オプションパーツ
c0207113_15415895.jpg

エフェクトパーツは無し。

完成!
c0207113_09134386.jpg

スクランブルダッシュ
c0207113_08415809.jpg

スタンドもキットに付属。
c0207113_08415841.jpg

シールが難しかったのでブレーンコンドルの黄色は部分塗装。

オプションのマジンガーブレード
c0207113_08415970.jpg

マジンガーZのエフェクトパーツも使用可能。
c0207113_09134312.jpg

既発売のマジンガーZと。
c0207113_09134325.jpg

グレートの方が少し色が明るいか?
マジンガーと同じく表面の平滑度が高くてクリア塗装の効果が非常に高い。

この二体が並んでいる姿を見た5歳の娘さん。
グレートを指差して「こっちが進化?」と言う。
小さい子供でも分かるんだなぁ。

このクオリティでこの値段なら絶対に買いのキットだと思う。

# by fantomblack | 2019-02-04 09:30 | プラモ | Comments(0)
我が家では省スペース化のためにロボットは立った状態で置いている。
c0207113_21345979.jpg

ファントム5号のロボットスタンドは、ちょっとやり過ぎで逆にスペースを取られている。。。

マノイはこんな感じ。
c0207113_21345907.jpg

アルミのスタンドを股間に挟んで立っている。

この状態だと倒れやすいので座って飾れる椅子を作った。
c0207113_21350030.jpg

ABSの5mmで作ったのでマノイの重さにも長期間耐えられそう。

座らせてみる。
c0207113_21350094.jpg

安定感バッチリ!
座面の前を少し高くしたので、ズルズル前に来る事もない。
c0207113_21350029.jpg

背中の突起も避けたので自然な姿勢で座っている。

人型っぽいデザインのロボットなので、スタンドで立っているより雰囲気があってよかったかな。

# by fantomblack | 2019-01-31 21:24 | ロボット | Comments(0)
HGで一年戦争のモビルスーツをパチ組みしている。

今回も塗装や処理をできる限りしないで簡単に制作。
c0207113_20554263.jpg

お約束のモノアイ変更。

キットの透明パーツをカットしてHアイズにメッキテープを貼った物を付けたが、キットのパーツを塗装した方が良かったかも。

古いキットだが、目立つ合わせ目は少ない。
c0207113_20554382.jpg

大きい合わせ目は角を削ってパネルラインっぽく処理。
濃い成形色はゲート跡が目立つのでスミ入れマーカーなどで誤魔化した。

仕上げはタミヤのウェザリングマスターとシルバーのドライブラシで汚し。
c0207113_23513007.jpg

最後に艶消しクリア。
今回は余っていた水性クリアを使ってみたが、ラッカー系の方が綺麗に仕上がるかも。

古いキットなので可動が狭かったりはするが、コミカルになってしまいそうな姿のゴックを格好良く再現されていていたり、見えない部分のディティールにも凝っていたり、思っていた以上に良いキットだった。


# by fantomblack | 2019-01-29 23:28 | プラモ | Comments(0)